2018年05月26日

吟醸らーめん 久保田 本店 at 京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル1F

DSCN2119.JPG

トッピングしたらメンマ二種、確か産地から違ったようで。
手の抜き加減レーダーのメンマはラーメンへ驕らない姿勢を映し出す。





DSCN2121.JPG

限定:熟成清涼つけそば
確かこの数週間後、エメラルドに輝く柚子ごしょう乗せを戴いて、その斬れにため息だった。とは言え、このネタは既に古いのか滋賀界隈がざわつくだけで市場にアジャストしてないかな?今期は姿が消えていた。





DSCN3092.JPG

限定:鴨清涼つけそば
キレたぁー。メンギョ二号とは比較にならない、キレ。鴨云々というよろ醸成された醤油に活かし方かな。
つゆはそのまま呑むが吉。





DSCN3095.JPG

DSCN3097.JPG

限定:担々まぜそば メンマトッピング
アマウマ。タレの粘度で麺がもっちゃるのが無くなれば最高。江古田の金時とは作りもアプローチも違うけど、再食するなら断然久保田。





DSCN2381.JPG

DSCN2382.JPG

限定:鮪塩冷やしらーめん 鮪増し
いよいよの季節ねぇ、これは去年の。去年は麺が細かったよね、今年もほっそいのを所望。
〆も良かったな、具増しヒッシュー。








ラベル:冷やし つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

麺屋忠 at 滋賀県彦根市平田町552-4

DSCN3110.JPG

昔、バスケ漫画だっけ。「ラーメン屋が串カツ置いたらそこで終了だよ」ってサンダース先生が言ってたような、言ってないない。



DSCN3113.JPG

店内に無添加の文字が躍るお店でお得用白身魚フライを増粘剤ビシバシのウスターでいただく心地良さ。
あ、最近はキューピーのタルタルも幾つか種類があるのよ。
で、誰が無添加だって?





DSCN3114.JPG

カレーつけ麺 メンマトッピング
オープン当初にはなかったカレー、アマメが是。
スパイシーとか言ったら負け、このメンマって...とか言ったら負け、麺が存外に悪くなかった。
それだけでなんとかなる、逆だと壊滅的だけどね。



このお店に二回も行ったのは想い出です。











posted by a certain Cue at 08:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

This is 中川 これは中川です。@大阪府大阪市東淀川区菅原6-24-12

DSCN3105.JPG

DSCN3104.JPG

四の五の言うのはやめよう。

飲食として、見るべきところはあるとは思う。
苦手な食材と大阪に蔓延る中濃つけ麺のダウンサイドなテイストをモロに反映してて、ちょっとね。
どんなタイプのつけ麺か、何もレクチャーがなかったのも。


言うとるがな。






ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 17:47| Comment(0) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

麺食堂88 at 奈良県磯城郡川西町結崎674-6 酒井ビル102

DSCN2870.JPG

つけそば チャーシュートッピング

前に来たのはオープン当初、もう4年になる。

「軽めの自家製麺」「肉は及第」と、オマエ何様やねんという書き方は未来への階段を示唆してたって言ったら怒る?
兎に角、艶やかな麺としっとりした肉に惹きこまれる。ちゃんとぬるいつけ汁もいい、酸味ビシバシ。


「この場所じゃあ長くは...」と内心思った自分を戒めたい、
言わせていただきます、リアルウマシ。




ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 奈良ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

ラーメン 桃李路 at 滋賀県大津市鳥居川町8-5

DSCN2966.JPG

DSCN2967.JPG

限定:油そば ナッツ入り
ナッツ入りもやし入りラード入り。
毎度おなじみ非背脂のスープオフ。その限界も可能性も感じさせる一杯、まさに食べ手を選ぶというか試す感じ。




DSCN3047.JPG

DSCN3048.JPG

限定:近江牛スジと春野菜のつけ麺 スジ増し
中華系のラーメンつけ麺は斬れるコチラ、今回はちとクドかったかな。まあ増した僕が悪いんですというね。
クオリティの高さを垣間見せながら、他人の売れ線の後追いラーメンとウチは違うねん、というベクトルビシバシ。
こういうのもありやね。熱望していたふとめもっちり麺も使ってるし、何度も言いますが、そろそろ真っ向清湯つけ麺をお願い。
















ラベル:つけ麺 まぜそば
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集