2019年04月23日

麺や 江陽軒 at 滋賀県彦根市蓮台寺町50-36

2018.10オープン。ブログにアゲてないので行ってんの?食べてんの?って感じですね、まぁ杯数はそんなに変わらず食べてます。
とは言え、情報食いどころか美味しい基準クリアして通勤エリア外はあまり出なくなったので、かなりお店は限定されてる。県内頻度高め、六本木家や十二分屋の各店を網羅してる酔狂な人はそうは居ないよね、余裕で行ってます。アゲるかどうかは置いといて、優しいデショ。





オープン当初はつけ麺がなかったので、背脂そばを推しハカル為にメンマトッピング。
そうメンマはその店の姿也。



DSCN3535.JPG

えぐちーっとまで行かなかった、でもうえまちでもカドヤでもなく、どっちかって言うとそにどりがカスってる気がしなくもない。
そんなファーストインプレッション。

DSCN3537.JPG

しょうがご飯はマスト!的なクチコミをちょいちょい見たので食べた..けど二度めはないかなぁ。すいません、ジャンキーな舌で。でも鮮度のいいネギのクセある香りがなかなか良かった。チャーシューメンマ盛り合わせを箸休めにいただく。これはトッピングと違い、炒めてタレを加えてあるので、味濃いめ。ご飯がススム、お勧め。





DSCN3573.JPG

つけそば 大盛り

オープン当初はなかったけど満を持してリリースされたので赴いた。気持ちの良い平打ち麺。"麺はは右に出るものなし"って調子づいたクチコミも見られる。まさかそんなコトはないけど、特別な粉なの?適度に質感が合って実に心地良い。でも、系譜の店はツワモノ揃いだし、即比較はせん方が...という印象だった。

DSCN3576.JPG

あぶり丼
わざわざ、"丼"というからには、「蓋がついている」「お漬物がついている」「汁モノがついている」の、どれかをクリアしてれば...してなかった。と、細かいコトはゴニョゴニョにして、濃いタレに鮮度が良いネギだけにある独特の青臭さがあいまって、なかなかいい。これこそマストになるのであった。





DSCN3721.JPG

つけそば 大盛り
つけ汁inだからわかりにくいけど、チャーシュー・メンマトッピング
酸味あり、タレ気持ちポジティブ。

DSCN3722.JPG

あぶり丼 肉マシ
そろそろ、なぁなぁ言うてもいいかな?と肉マシ言ってみた。
肉も脂もタレも美味い。でも麺とのバランス的にちと濃いかな?





DSCN3597.JPG

つけそば 大盛り 豚足トッピング
やはり豚足も試してみねば。まあ美味いにはうまうけど、スープやタレを昇華させるかというと疑問。
やはりそのままがいい、肉増し言うてるんやけどね。

DSCN3598.JPG

盛り合わせは更にジャンキーな感じ、メンマにピリっとかけてあるし。これにあぶり丼は濃い+濃いでなかなかの攻撃力。
そんな食い方する君だけやろって感じですね。だったお肉もメンマも美味いし。





DSCN3837.JPG

つけそば 大盛り
こに日はチャーシュー・メンマトッピングを別皿でお願いした。
これはこれでしっとりお肉が染み入って美味い!





DSCN3924.JPG

つけそば 大盛り
ここにきて、出汁が鉈の切れ味。酸味もズバリ、はっきり言って相当調子よかったえぐちに迫ってる。
こりゃ美味いわ。にっこう跡に家賃ゴニョゴニョでソラノシタが入るも、あっけなく閑古鳥祭りの果てに撃沈。みんな忘れてるよね、河瀬ってド田舎で、にっこうが店を出した時、そりゃムリだよ、って何度言われたか。そこから行列を作るもんだから出来るんじゃね?とまるみはあれだけど後の店はウデも先見性もマーケティングし視点もないもんだから瞬殺されてきたことを。
何度も言いますが、客はアホやない。5%質を落としたら20%売り上げが減るんでっせ、知らんけど。
何度も言いますが、フェイクで塗り固めてもいつかハゲる。(あの店は案外頑張ってるね。)

で、江陽軒はしっかり入ってる。当たり前を当たり前に貫いてる結果でしょう。
大将はチキン野郎8でしっかり啜ってた、それも必要。


DSCN3923.JPG

で、ここ最近はこのスタイル。"つけそば大盛り・チャーシューメンマトッピング別皿・盛り合わせ小"所謂、存分にお楽しみセット。


そろそろ、つけそばの塩、辛いの、まぜ?なんかも期待しちゃうなぁ。






ラベル:つけ麺 ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

豚骨らーめん 壱々零参 at 滋賀県大津市栄町16-10

きたで2019の新店。出身はバスk..じゃなくて、いいときの風火元店の..ってアレ、これオフィシャルじゃないの?
まぁ言わないでって言われてないからいいか。元店と言えばすっかりの今もアベレージ120杯をたたき出すお店。今でこそFacebookでさえ「昔はよくいったな、まあ初代店長居ないとナンヤけど、ワイは豚骨に五月蠅いから行ってやらないわけでもない感でドヤされるワケだが、結構売ってた時の元店長が満を持して?オープンされました。



DSCN3810.JPG

思いっきり住宅街で駐車場なし。こりゃ11台も契約してる紫陽花をdisった狂人が見たらなんというでしょう。
関西アーバンのタイムズに停めるとスムーズかな。



DSCN3811.JPG

自分ちの隣に豚骨ラーメン屋さん...遠慮したい。
焼き鳥・豚骨ラーメン・塾が、三大隣に住みたくないビジネスに決まってるけど、その辺の配慮はされてるのかしら。
ま、孔子に論語、鴨麺屋さんに合わないソースをムリクリ合わせる所行。
あきひでみたいにドナリk..んでくるご近所さんが居ない事を祈る。



DSCN3813.JPG

夜はラーメンだけでもイケるけど、居酒屋使い可能。二階もあるし。次回の湖国流行語選定会はココで決まりですな。


麺メニューは豚骨らーめん・貝だし豚骨・あっさり中華そば
当初予定の清湯の塩や味噌は華麗になくなってた。これはかも変動あるかもね。

さて、豚骨ラーメンからいくセオリー無視して気分優先であっさり豚中華そばをいただく。
チャーシューご飯セットと、まだ前客1をいいコトに夜メニューを出しっぱなしだったので、なぁなぁ発動でお任せお造り。

DSCN3814.JPG










DSCN3816.JPG

チャーシューご飯は食感を残した多めのモヤシに解したチャーシュー。薄味のタレ、そのままでイケるけど、ポン酢と大根おろしがついてくる。これがなかなかいい。







DSCN3819.JPG

あっさり中華そば
豚出汁やんわり、モヤシキッ、パツ細麺は豚骨仕様なんかな。違った麺でもためしてみたい。

次はやはり豚骨、「やっぱり(居た店に)、似てしまいますわ〜」なんて言ってたから、久々に懐かしい豚骨を堪能したい。





DSCN3821.JPG

夜メニューの一部
ちょこちょこ行かないと夜営業に専念しちゃうと困るよね、こぞって行ってください。













ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

梅花亭 at 滋賀県長浜市大戌亥町1031-3

毎度おなじみ年に一度の梅花亭エントリー。結構同じものを食べてるので食べたブツで並べてみる。



DSCN2558.JPG

テッパンの蟹サラダ、実は今は準備中になっている。オペの問題か野菜高騰だからかは不明。ほぼ毎回オーダーしてただけに復活が望まれるところ。ラーメン屋さんで美味しいサラダってなかなかないしね。



DSCN3149.JPG

混んでるコトが多いのであまり店内では食べない杏仁豆腐。この日は空気を読んで頂いた。まぁこれ以上のスイーツ出してるお店、客単あがる、と口車に乗せられて出したはいいけど材料で冷蔵庫は圧迫するわ、たいして出ないわのソフトクリームとはダンチ。店のコンセプトとも合ってるし、そもそも質が高い。



DSCN3314.JPG

かつてはオフィシャルに、湖国三大唐揚げの認定されたけどかなり仕様が変わってる。加えて野菜もマヨもなし、ちょっとオーダーしにくい商品になったかな。



DSCN2919.JPG

鉄板チャーハンは平日はセット価格で異様にお安い。しかもこの味、〇源社長もビツクリ。やはり味以外の温度や食感や香ばしさが大事だと再認識。





チャーシュー盛り
DSCN2785.JPG


チャーシュー盛り
DSCN3146.JPG


毎回チャーシュー盛り
DSCN3190.JPG


現在はこの提供スタイル
DSCN3311.JPG


岩塩かな、いいお肉にいい塩。しかしながら迂闊に食して塩が舌に直接乗るとなかなかの刺激と塩分でその後の味わいに影響があるのが難点と言えば難点かな。
DSCN3369.JPG


というワケで塩をちょいちょいと箸で払いつつ食べる。無論美味い。唐揚げがあるのにこれを食べ続けるお店は梅花亭だけというのだから、そのクオリティは推して知るべし。
DSCN3425.JPG


でもね、少し前の提供スタイルはコレ。
DSCN2560.JPG

タレも良かったなぁ、今度確認してみよ。






DSCN2920.JPG

デフォのラーメンもたまには。美しく出汁が伸びる。意図的な酸味と加工調味料でイブツに仕上がったラーメンとは違う。
そしてメンマは今は穂先になった、メンマで仕事してるか判断するよ!仕事の達成率は採算表で管理するのがアメーバ経営なんやで!というワケで、好みはあるけど仕事してるメンマ確定。





DSCN3315.JPG

夏期限定 梅冷やし
甘いけど甘ったるくない、やんわりと温度をとったスープが実に美味い。
そういやこの梅を業務用ペーストって書いてる人がいたなぁ。まあしょうがないか、だって手作りの梅ペーストなんて食べてないんだろうし、出て来たらオートで業務用だと思うんだろうね。自分のエリアの外にいる人間のコトなんてわからないよ、ヒッシューって聞いた時、何が起こったかわからんかったもんね。
野菜のカット、しっかり食わせる工夫。とりあえずトマト置いときゃそれっぽいか..で作ったモノとか恥ずかしくなる出来栄え。

DSCN3317.JPG








DSCN2564.JPG

油そば
とりあえず滋賀のこれ系ではまずコレ。うどんの三拍子さんに、「どこか(美味しい)油そばは?」と聞かれたので、まずお勧めしといた。麺、具、歯触り、面白さ。うんうん。この日は何故か鶏肉がおいてある。



DSCN3144.JPG

あれ、この日のはタレと麺を混ぜてないんだね。





DSCN2787.JPG

さぁきました、つけ麺。
しかし自他ともに認める麺喰い、つけ麺好き乍らこの店のつけ麺にはあまり言及してこなかった。
清湯でやらんかなぁ、濃厚にしてもちょっといがらっぽいなぁ、麺美味いから食べすすむけど、もっと跳ねそうなもんだが...と。





DSCN3196.JPG

で、コレ。試作ではある。
話せばちと長いがようは、美味いつけ麺とは何ぞや的な話になり、店主が思うところあり東京であのお店で食べた。
それのオマージュっつーの?めっちゃ並ぶ、復活したあのお店。

DSCN3193.JPG

麺もプラスティッキーとかカタイだの言わせない、しっかりやわめの麺。

DSCN3199.JPG

仕事したメンマぁ..はいいとして、はいこの量。まさにBNTリスペクト。

無論、クリソツとは言わないけど独特の獣臭や油の使い方なんかはビンビンくる、そしてジャスト美味いつけ麺!!





DSCN3372.JPG

DSCN3374.JPG

それの第二回試作。ちと、動物系由来以外の甘味がまえに出たかな。麺がさらに進化。





DSCN3427.JPG

DSCN3426.JPG

DSCN3428.JPG

第三回、結構離れてきちゃった。でもねぇ、ちゃんと向き合って作られた麺を啜るのって楽しいねぇ。
似てる似てないを除いたら、至極真っ当に向き合ったつけ麺です。





どんどんキテ欲しい、梅花亭の進化を更に期待してる次第。








posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

だいkoku at 滋賀県彦根市橋向町20-1

2018夏、突如新店情報がきた。
DSCN3352.JPG

店名は看板から察するに、だいkoku 小文字だと思われ。
なんでこんな店名かっつーと、やってるのが大黒さんなのよってハナシ。





DSCN3353.JPG

かつて8号線の脇で堂々と営業、イオンタウンの圧力か何かで据え置きの屋台がなくなった。かの"ゆう"の店主だと聞いて馳せ参じた次第。
このメニュー、センスが問われるね。





DSCN3359.JPG

チャーシュー盛りはいくわな。こういった居酒屋風のお店で食べると、普段のラーメン屋さんの一品がいかにお安いかがわかる。
きゅうりは漬け方で選べるのが嬉しい、当然浅漬け。





DSCN3362.JPG

厚揚げにしょうが天。ちなみに同行者が居たので2人分。





DSCN3361.JPG

だしまき、ちくわ、がんも





DSCN3363.JPG

シューマイは当然ヒッシュー。何から何まで手作りでないのが逆にいい。





DSCN3364.JPG

ラーメン
メニューにはないけどチャーシュー麺でお願いした。当然できる。
だいたいでやってはるからね。



DSCN3367.JPG

まろんとした意図的な甘味、出汁とかなんやそれ的な後味。麺はやすいやつ、だがそれがいい。


わざわざいく必要は全くない。
飲み屋なのに駐車場結構ある。夜のみ営業。
周りはほぼ飲んでる。
ま、これもラーメンん也。また行くと思う。













ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 08:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

まるきや翔華 at 滋賀県湖南市三雲151-1

DSCN3350.JPG

豚とお魚のつけ麺 
DSCN3349.JPG

炙り焼豚丼

オープン初日、カレーつけ麺提供開始時と狙って行ったクチだけど、4年ぶりくらいかな?
基本的にうまい、を優先順位にあげているので、どうしてもそうなっちゃうよね。
メニューの整合性の欠如やPOPのクオリティは相変わらず、つけ麺も変わらずビルドアップも為されていない、
控えめに言って県内テールエンドつけ麺と思っておく。






ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 19:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集