2017年10月22日

らーめん与七 膳所店 at 滋賀県大津市木下町18番23号

DSCN2260.JPG

毎度おなじみカレーつけ麺、これは夏に出されたもの。通常で唐揚げ乗せ、これは更にトッピング。
最初はつけ汁にネギ入っててねぇ、いらんわぁ〜口にさわるわぁ〜揚げ物欲しいわぁ〜冷たい麺に熱い具やわあ〜ってコトでいよいよ完成形になってきた。湖国では通常提供されているカレーつけ麺はうどんの底辺にも及ばない場所に沈んでいる感満載なので、ここはひとつ。南草津でも提供されたようだし。



DSCN2302.JPG

この日はチャーおにを付けてもらった。お暇ならゴニョゴニョってやつ。焼いたレンコンがいい!
有りものを適当に使った限定とは違うのだよ、って作った人の声が聞こえる。
勿論、豚骨がしっかり押したつけ汁あっての満足感。
















ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 17:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

横浜家系らーめん 秀吉家 at 滋賀県守山市勝部5-3-28

DSCN2468.JPG

季節のラーメン キャベツ・海苔トッピング
なんでこれが季節なのか不明だけど、なるほどつけ麺で極厚バラを乗せるので模せるわけね。
でも言うたらなんだけど、どこが二郎やねんと。あ、お店は二郎って言ってないのかな。
典型的な野菜盛りチャーシュー麺に堕してる。
あんなに美味い家系ラーメンが、こうなっちゃうのね。秀吉家は大好きだけど、これはちょっと。


DSCN2466.JPG

オープン当初に話に出ていたはずだけど、ようやく卓上にご飯の御伴登場。左奥のタッパね。これはちょっと嬉しい。







ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 18:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺屋航 at 滋賀県栗東市辻239-2

なにやら新メニューだと言うので赴いた。


DSCN2329.JPG

メンマ増しで。これ、言われなかったら家系って当てるの相当難しいよね。


刺身を凍らせて出すが如く、ぐっつぐつのつけ麺を出してないで、
しっかり美味い麺を食わせる方向でお願いしたい。




ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 17:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

つけ麺専門店 二天一流 at 滋賀県草津市笠山5-1-68

カレーつけ麺気分の日もある。
鷲は今はやってないし、調味料由来酸味どばどば薬品漬け具入りつけ麺は流石に飽きたしってコトで此方。



DSCN2321.JPG

カレーつけ麺 メンマトッピング
前とはビジュアルが相当違う。違うと言えば、HPなんかの線材的なヤツとは違って、チャーシュー薄切り選手権滋賀代表クラスのときとも違って、つけ汁インになっている。メンマもそう、っつーか炊きました感はないけれどこれだけのメンマを盛られると、嬉しいね。乗ってるネギのコトには言及しない優しさ発動。


DSCN2323.JPG

相変わらずカタ・コシを標榜しながらの生煮え麺、カジュアルカレー。これがいい。

予想通りの結末の出身店主もちょっと気になるけど、何とか持ちこたえてるんだから、それはそれでいいんじゃない。










ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 20:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ラーメン 奏 at 滋賀県野洲市冨波乙690-32

オープンして1年半かぁ、素人ポール(リアルポールはきんせいご家族)したオープン初日とは麺は勿論、肉もたぶんメンマも違う。メンマは味や仕上げの問題かも知れんけど。

JETでもそれっぽい清湯は食べた。好みのベクトルだったけど、特に感動はなし。
奏のカレーつけ麺がメニュー落として、醤油とまぜそばが券売機に加わった。
別名、「清湯将軍」「西のまぜそばアニキ」と言われている自分としては行けねばなりますまい。
(え、そんな別名聞いたことない?うん。あと意味ない「 」はカッコ悪いいっつーか逆に足りない感よね。)





DSCN2310.JPG

醤油ラーメン メンマトッピング
通常は穂先メンマだけど、やはり太メンマにしてもらった。
丸鶏のまろんとした風味にちょっと違和感のある油。でも食べすすむにつれ、油が少なくなっていく程にスープの印象が更に浮き彫りになる。アツアツのラーメンやで!ラーメンはアッツアツでないと!、前頭葉スポンジ化現象が疑わしい御方でも、じんわりと旨味を湛えたこのスープを楽しめる算段になってます。
あと噛みしめるほど甘味が出てくるチャーシューは増していいやつ。



DSCN2311.JPG

豚丼 肉増し
必須、うん。やっぱ肉の甘味の前にオニオン要らんなぁと。










DSCN2326.JPG

この日は油が若いというか淡いとういか。浅いというワケではないんだけども。



DSCN2327.JPG

豚丼
タマネギ抜き。これにより肉とタレを楽しめる。










DSCN2398.JPG

まぜそば 肉増し
当然オニオン抜き。実はJETのスープオフ食べて。合わなかったのかなぁ?伝説の桂川事件があったわけだけど、方向性としては嫌いじゃない。麺と油とタレで食わせるヤツだもんね。カッスカスのチャーシューに多めのカットネギに温玉..とか(しかも高頻度で温玉が崩れてんの)、どういう罰ゲームよってのも県内にはある処に、こういったのはずっぽし嬉しい。

DSCN2399.JPG

とは言え、タレの攻撃性や思い切った油の使い方があってもいいかな。ちょっとまとまり過ぎてる感じ。










DSCN2413.JPG

この日は高水準で安定。ご飯は肉増しオニヌキが浸透してきた。
何か言えと言うなら、有料お漬物増量が欲しい。










DSCN2420.JPG

この日は肉増し。
ふうわりと甘い後味の肉。中細縮れでも食べてみたい。ちょっと遊びが過ぎるかな。
メンマがぐいぐいパッション生姜になってる、それもまたよし。

清湯万歳、この(化調に染まり過ぎず、白湯ならとりあえず飛びつく惰弱相手の商売と一線を画した)文化が浸透しますように。












posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集