2019年08月24日

らー麺 潮騒 at 滋賀県彦根市古沢町216-1

「わかってないなぁ」

DSCN4239.JPG

ちょっと食べてる方はそんな印象を持つのではないだろうか。

作るプロに恐縮だが、ラーメンだけのコトを言ってるのではない。



初訪では厨房やホールの動きは仕方ないにしても、メニュー構成やらにそんな印象を持った。
ラーメンを人に作る、というのは何品も出す居酒屋とはまた違う側面がある。


店をやってると作り手は色々錯誤する。他店も食べるようになる。しかしその印象は変わることはなかった。
久々に赴いたのは、そんなオープンからラーメン屋になり切れない、ラーメンを食べに来てる人の心を動かせない、そういう店というレッテルが剥がれるんじゃないかな?と思ったわけで。



DSCN4241.JPG

スープよし、麺はコシに非ずカタイ、でも許容範囲。海苔で一工夫あってもいいと思うけどそこはそれ。何より大穴子があるじゃないか。予想通り梅肉は蛇足なんだけどトライの姿勢はいいいよねってコトで。


これくらい出しときゃいいだろ、という一杯ではなかった。これは今までのメニューにないベクトルだと思う。
デフォメニューは他店とは違うっしょ?というテンションを感じるが、正直退屈だからね。



飛び道具を称賛するわけではない、でもたまには全力で跳んでみるのもいいものだ。







DSCN4243.JPG

かなり久々に出会った、所謂"受け皿チャーハン"


食器の大切さを喜多屋では受け継がれてるはずなんだけどなぁ。














ラベル:冷やし
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

麺庭 寺田屋 at 滋賀県東近江市新出町329-1

麺メニューはオープン当時そのまま。



DSCN4074.JPG

レッド

DSCN4076.JPG

チャーシュー丼
ご飯は少な目でお願いしたがこの盛り。





DSCN4201.JPG

せあぶら
液状になってるのが残念。

DSCN4203.JPG

チャーシュー丼
毎回、ちょっと肉が多い気がする。これは「チャーシュートッピングできます?」ってしつこく聞いてたからかと。
冷蔵庫の関係でやってません、でもちょっと乗せとくね、みたいな。




で、なんとチャーシューやメンマトッピングが解禁された。
チャーシュー丼もミニに加え、夜限定でまかないチャーシュー丼なるメニューがあるらしい。玉子とじだそうで....昼もやって!
一品で豚キムチやお漬物もあった。豚キムチはフレマキムチのヤツっぽいと読んでお漬物。


ラーメンはナゾに(改)がつく、赤こんにゃくが乗ってる、他にも違いあるのかな。

DSCN4333.JPG

たまり(改) チャーシュー・メンマトッピング
増すのヒッシュー。

DSCN4335.JPG

ご飯は今までで一番少な目、肉だけガッツけた。ちょっと汁気が欲しい、ああ玉子とじ。
お漬物は......まぁあるだけ嬉しいというコトで。




遠征者には、6〜7km程度のトコに弦乃月も出来たし、今ですよってトコ。












ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 07:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

割鮮 うを亀本店 at 京都府南丹市園部町上本町南2−18

DSCN4303.JPG

同じみ、わざわざいくべき唯一無二のつけ麺。



DSCN4305.JPG

夜メニューの岩ガキ、空気を読んだら食べられます。



ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

麺や 江陽軒 at 滋賀県彦根市蓮台寺町50-36

DSCN3877.JPG

DSCN3878.JPG




DSCN3950.JPG

DSCN3949.JPG




DSCN4011.JPG

DSCN4012.JPG

DSCN4113.JPG




DSCN4244.JPG

DSCN4273.JPG




DSCN4272.JPG




DSCN4196.JPG

なんか一緒に見えるのも多いけど、行間があいてるのは別日に戴いたもの。
基本、つけそば大にチャーシューとメンマトッピング(別皿)に、ご飯モノかチャーシューメンマ盛り合わせを合わせるポテンシャル。
炙ってあるのが盛り合わせ、味付けが違うのでそこんとこヒッシュー。







で、限定をちょこちょこ出した上での待望の夏麺。ざる中華。当然これは見逃せない。
DSCN4280.JPG

まずは前菜に盛り合わせ。





DSCN4283.JPG

DSCN4281.JPG

小麦がなにやらいいう粉らしく、まさに自家製麺の面目躍如。香りが味が、と細かいコトはわからないけれど、いつもの麺との違いは明白。と、なるとこの麺でデフォつけ食べてみたいと思ったり。
初期に食べたのでレモンがつけ合わせに、ゴニョゴニョ言われたようで今は出てこない。つゆは醤油キリリかと思いきや、やや苦み...イリコかな?ちょっと出てくるモノとイメージが違った。とは言え、品質の高さは言うまでもなし。






今後も限定を期待したい。
限定なくても行くんだけどね。






ラベル:冷やし つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

ラーメン 奏 at 滋賀県野洲市冨波乙690-32

限定しか食べない人と言われたもんですが、デフォも食べてます。ほら、食べてますって行っても食べてない・行ってないのに後付で行ったとか食べたって言うの流行ってる人いるじゃないですか。素人なら可愛い底辺な嘘ってコトで相手にされないだけですが、かなり面白いです。




DSCN3521.JPG


DSCN3599.JPG


DSCN3475.JPG


DSCN3552.JPG


DSCN3444.JPG


DSCN3665.JPG


DSCN3766.JPG


DSCN3686.JPG


DSCN3921.JPG


DSCN3673.JPG


DSCN3875.JPG


DSCN4036.JPG


DSCN4130.JPG

順不同、太メンマから今は穂先に。まあ前の方が良かったっちゃー良かったけど、とにかくこのお店は醤油に尽きる。
魚介の出具合なんかも日によって違って、そこはそれ楽しめます。








DSCN3570.JPG


DSCN4062.JPG


DSCN4095.JPG

つけ麺も平日にひょいと出てることもある。鶏白湯もあれば清湯も。
醤油濃いめのつけ麺で食べてみたい。あ、麺は相当キテます。レベル高し。







DSCN3600.JPG

DSCN3476.JPG

DSCN3522.JPG

DSCN3767.JPG

DSCN3876.JPG

DSCN3667.JPG

DSCN3922.JPG

DSCN3724.JPG

DSCN4096.JPG

DSCN4131.JPG

DSCN4260.JPG

DSCN4037.JPG

この丼は基本、ご飯少な目肉ちょい多目(100円券)、ときにメンマトッピングで。

大事件として、今は炙らずタマネギと煮込んだ仕様になっています。(最後から二番目)
これはこれでありなんでしょう、僕のように肉とタレだけを味わいたい人にはアレですが..。













ラベル:ラーメン つけ麺
posted by a certain Cue at 05:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集