2016年05月29日

幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章 at 滋賀県大津市中央3丁目4-20 WDKビル1F

DSCN0457.JPG

裏:煮干しブラック メンマトッピング
清湯気分、いい塩梅。
パックの変な香辛料や油に塗れたメンマは増さない、増せないけれど、これはね。



DSCN0507.JPG

限定:豚骨清湯 肉増し
これ系はなんだろう、靴底的なソールなフード。先日チキン野郎でも豚清湯があったけど残念ながら魚介入り。この種のブヒっとくるのは泣ける、ホント美味い。麺もやわくていい。久保田の冷やしもこれくらい黄色くて、ともすればチープに見える麺で試してみたい(ニーズなし)。



DSCN0528.JPG

DSCN0533.JPG

限定:冷やしぶっかけ 肉増し
ああ、すんなり美味い。昨年は何度も食べたので今年はバージョン違いも求めたい。
低温調理された鶏、極上のしっとり。

・キンキンに冷す
・かたぶつ顔負けの濃い濃い煮干し油in
・1個100円以上のいい梅干し(有料)

受け口の広い冷やし、リピートする楽しみは存分にある。





DSCN0458.JPG

ブラックには刻みチャーシュー丼を合わせる。



DSCN0510.JPG

清湯には当然、ササミカツ。おま丼に。



DSCN0535.JPG

冷やしにはおま飯、この日は厚切りの炙りチャーシューにタレと辛ニラ。

清湯に辛ニラ入れるやつは馬に蹴られて..ってトコだけど、空気読める時間に諸々の変化は楽しい。








posted by a certain Cue at 21:00| 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集