2017年05月15日

天極製作所 at 滋賀県近江八幡市江頭町480-1

DSCN2057.JPG

旧いっこく、今は三拍子のすぐ近く。ほら、江頭のフレンドマートのすぐ向かい。
我等住スクエア内にひっそりとある居酒屋さんが昼営業され、ラーメンを出すようになったという。追記:昼はラーメンメニューとサイドのみ。つまりラーメン屋さんとして営業、所謂二毛作ってやつ。


出すだけエライとか、まだルーキーだからとかそりゃあそうなんだけど、その辺のおためごかしはお店にとって全く意味がない以上に大迷惑だと思う(8くみとかね。きりん屋もそうか。可能性を微塵も感じないトコに、今後に期待とか言って二度と行かない方が招かれざる)ので、思うまま書いてみる。




居酒屋さんが片手間に出すラーメンは何度も食べてきた。


片手間=おもな仕事の合間。またその合間に他の仕事をすること。(旺文社 国語新辞典)


というコトで、このお店が出すラーメンは片手間につくったものというコトになる。
ぶっちゃけ工程はどうでもいい、寝ずに作ろうが悪鬼が作ろうが美味ければ。
味という正義があれば、その工程もストーリーも賛美するというもの。


まだブログではとんと見かけないラーメンではあるが、このブログはウマウマ言うてるだけではないので、そこんとこひとつ。




DSCN2051.JPG

メニュー

豚そば vs 鶏そば


...vs ?

なんでvs。
適当?それとも意味あるのかな。

わかってる、そんなトコツッコムヤツおらへん。
でも、コトバって大切やん。


豚そば
「長時間残した濃厚スープ」

というより豚そば、豚骨ラーメンらしい。
でも豚そば。ま、そういうコトあるよね。


鶏そば
「濃厚だけあっさり」


これ書いちゃうかぁ、まあ書くか。
「こってりだけどすっきり」みたいな。


「30名クラス授業でひとりひとり懇切丁寧指導」みたいな。
「週1ペースのフィットネスでらくらくダイエット」みたいな。


耳障りのいいコトをある風で書いたらゴニョゴニョフラグ。
そんなのに釣られる(「ほぉー」と感心してくれる)客だけでは店一杯にはならんのです、滋賀ですよって。

まあメニューはこんなもんで。
全世界に発信するメニューは大切だ。



DSCN2053.JPG

鶏そば
なーんかどっかで見たようなフォルム。それも悪くないけどね。
まぜそば出すならはなびのビジュアル真似したら、そりゃ正解だと思うし。
「鶏白湯ならこれだ」みたいな価値観って悪いコトではない。に、してもソックリだなこりゃ。
アイデンティティはないけれどまずはいい。全ては模倣から始まる。
個性はそのあと、何も出来ないのに出来る風の方が立ち悪いし。誰のこと言うてるのってハナシではある。


麺はパツとしたもの、合ってる。
肉は小さいがしっとり。まあこれのカタイの食べたことないけど。

レモンが添えてある。
これを絞ると......「うん、あっさり!」なんて言ってくれる人もいるんだろうねぇ。

まるっきり要らない、まずスープに味変など要らない。
そして絞ると、当然手がレモンの匂いがガッチリつく。
その手で箸を持ち麺を手繰る。
レモンの匂いしかしない。
鶏も何もあったもんじゃない。
おしぼりがないのでリバース不能。



とは言え、とは言えだ。

完全に何処かで食べた味ではあるけど、「ランチにラーメン食べたい!」という方は食べといていいやつ。
というより、居酒屋さんが「ラーメンという商材に目をつけ、鶏白湯ラーメンとして出す」という程、認知されたのか、と感慨深いものもある。「ラーメンなんて」ではなく客を呼べる力がラーメンにはあるってコトだからね。昼だけやるのにラーメン専門店以上のモノが出てくる道理がない。でもその気になったら、こういったお店がこの種のラーメンをこのクオリティで出せるってのが時代だなぁと。言うまでもないけれどーメン屋さんでこのお店と同じ(位)の鶏白湯は県内にあるからねぇ。その域のものが出せてる、と。


DSCN2054.JPG

鮮魚のたたき丼 280円
これいいよね。他に、唐揚げとライス、鶏めし、チャンジャキムチ丼等があった。
たたきってこういうのだっけ?とか言っちゃ駄目、居酒屋さんが出す醤油はピンキリだけど、それもどうのこうの言わない。このご飯ものは食べときたい、当然出すだけでありがたいし、うまい。
肉乗せてタレとマヨでネギチョイナーの丼より数段いい。




居酒屋さんなのでお昼のみ営業、定休日はわからんのでフラれたら三拍子にいくといいよ。
守山越えたら彦根迄食べるラーメン屋さんねーよって方は是非。








タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺屋號tetu at 滋賀県長浜市南呉服町5-24

DSCN2039.JPG

限定扱いでまぜそばがあったのでメンマトッピングで。
ほぐした肉やらいろいろ入っている。スープを足すジョニータイプと言えばそうなるけど、カレーに寄り過ぎてて勿体ないかな。そりゃ美味いには違いないんだけど。ラーメンに及ぶかと言うとそりゃあね。


DSCN2042.JPG

麺はどう見てもつけ麺にしたくなるやつ。


GW明けに券売機になったという。テイストは岐阜系のやつ、また変にこだわってカスタマイズしたら、「あ〜..忙しいのにやっちゃうのね」って言おう。
タグ:まぜそば
posted by a certain Cue at 20:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集