2017年08月06日

麺屋いち源 at 滋賀県草津市野路東5-16-24

極めて特定のSNSで良い評価を見たので赴いた。
初訪、確証はないけどああ、このお店もさして下調べもマーケティングもせず、自分の出来ることを出来る範囲でしか仕事せず、うまくいかなかったら市場のせいバイトのせいにして、また店やりますいうて違う世界に行っちゃうのかな、と。
聞こえてくる噂ではどうやらそんな感じではなく、結構暇そうな時間もあるらしいのだがそんな時はグイグイ客いじりしてくると。結構なハナシだ、戎@彦根なんて客が居なくなったら奥に引っ込んでバイト君に任せていた。バイト君曰く、「あの人はうまいものを作ろうと思ってませんから」。そりゃそうだよな、そしてそんな店の姿勢は客に伝わるもんだ。作るだけに集中出来る程客が来てる店以外は、いじってこーぜ。


DSCN2225.JPG

DSCN2228.JPG

台湾まぜそば メンマトッピング
結構な評判の此の一杯。いやぁー衝撃でした。
本家ほか、ここ数年では県内諸々にキラメキ、たごや東京のこころで食べて来た中ではぶっちぎって周回遅れ。ニラ・乾いたネギが硬く、鰹節に正気とは思えない量の海苔。もっさもさです、口内もっさもさ。
これで麺の美味さ、タレや具との妙を感じられる人ってなんなの、さるそばにスリ胡麻盛られた気分がニアリー。頑張ってタレを汲み取ってみるものの、結構ペラい。

これでいいなんて思って、成長しないとしたら褒めた人は大罪だよ。
あかんならアカンと言うのこそ愛だよね。




ラベル:まぜそば
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集