2015年09月28日

らぁめん 8くみ at 東近江市垣見町924

此処んとこ、突如新店が出るわけですが、先入観や前情報なしに赴くのも楽しい。白頭鷲に行ったとき、「この辺のひとはこういうつけ麺知らないでしょー」って言われつつ、粉や鰹から必死に詮索したのが昨日のことのようです。

嘘です、だいぶ前です。というワケで以前はどうやら魚屋さんらしい場所に、オープンした此方。ほぼ誰も食べてません、レセなんてなかった模様っつーか誰か呼べよ。レセプションダイスキ!

DSCN9028.JPG

彦根辺りを境に祝い花をとっていくのかねェ。何処だったかオープン前に花を抜かれて、「非常識だ!」って怒ってる人が居たけど、場所が場所なら花が残っていた方が具合が悪いわけで。
インスタでは看板は関係者が一文字ずつ書いたようで。うん、全部同じに見える。麦笑山科のつけ麺のメニュー札は書道二段の小生が書いたことを今更告白しておく。


DSCN9029.JPG

初めての店だとネホリハホリもいいけど、話しちゃうと好きな事書けないので、あえて黙して書きなぐるという手法もあります。さて、あまり宣伝せずまろんとスタートされたようでこの日も提供される頃には店主さん?と1 on 1で対峙しました。店主さんとオーナーさんは別という方に2000ジャマイカドル。
能登川駅西口のフレンドマートのすぐ前、NPC24Hがあるので駐車場に困らない。

DSCN9031.JPG

そんなコト勝手に書かれてホント修r..まぁいい。さて麺メニューは二種。魚介豚骨とあっさりだし。うむむ、シャバ僧のまたおま風がきたら困るので、あっさりでいきましょう。


DSCN9030.JPG

卓上はええと、なんでトマ缶?こりゃあスピンオフでトマト系限定とかあるんじゃね?(ない)。


DSCN9033.JPG

あっさりだしらぁめん


むお、フォルムは麺なかのが脳裏に。ネギの主張に目を惹かれるが、なるほどの管理でした。ではくみ取っったり勝手に推当したスペック。ただ、この店が760円で出す処に滋賀の事情があるのかしら。

鰹主体
麺は中細縮れ 表層やや硬質 120〜130g程度
このヌケたチャーシュー、肉出汁入りだろうか
モヤシは生。おそらく違和感があると言われそうだけど、断じてこのままがいい。
ナルト2枚
煮玉子..ここにきて?ここは煮抜きがフィットするかと
メンマなし
意図的な旨みはほどほど

面白いトッピングは有る、とろろをお勧めされたけど最初なんで遠慮しました。
ワカメなんか良さげね、いいワカメっぽい。

DSCN9036.JPG

自家製チャーシュー丼
これにだけ自家製がつくという点に着目するウルサガタ。
解したチャーシューにダイレクトキューピー。瀬田の新店より数段コンディションのいいネギが印象的也。


意外にも唐揚げ・餃子なし。うどん出汁言うたら負けな、ちゃんぽん亭の中華そば言うたら負け。
鮒寿司、鮎の佃煮なんかもあって実はグイっといける店かも。場所柄、酔客に毒されてスープが濁りませんように。ほのぼのと、さりとてしっかりと。カウンターのみで13席ほどの店内の雰囲気は温か。

火曜定休 11:00〜14:00、18:00〜24:00(スープ切れ終了)
ようこそ、湖国に新しい風。









posted by a certain Cue at 21:17| 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集