2016年04月27日

志奈そば 田なか second at 東京都千代田区外神田3-4-1

落ち着かない秋葉原の駅前を通り過ぎると、そこは日曜のビジネス街。昼でも閑散としている。
2015.12.30オープンというからまだ新店。なかなか面白い取り組みをされているので遠征一軒目に赴いた。一杯目がラーメンって実に珍しい。
DSCN0085.JPG

本店はリストには入れつつ、まだ足が向いていなかった。二号店から行くのは、これまた珍しい。
そこは限定という取り組みの魅力。

DSCN0079.JPG

所謂、Barのようなカウンターってやつ。何よりカウンターのみの店にスタッフが4名も居る。
家賃相場は滋賀の倍以上、ワンルームでツェージューマン也。それでデフォ780円かぁ、250gもないつけ麺で880円とかで出したら意味わからんって言われるのは、そういうコトね。

お店からの材料発信も、まあ原価とか興味はない(売値を上げる際の原価がかかって云々は、初めてのフライトだから揺れてごめんね、タクシー運転手になってまだ日が浅いから道わかんなくてすまん的な、「お客さんにいっちゃうけど」の言い訳にしか聞こえない)のでなんだけど、期待は上がる。そこは俗人。


DSCN0080.JPG

至高の塩かけそば〜房総の恵み〜
限定数が少ないのでシャッターした。先頭から4名程はこの限定をオーダーしていた。

DSCN0083.JPG

麺は珍しい、ツルっとしたタイプ。デュラム粉セモリナのような風味が鼻をぬける。

とにかく貝がストレートにきた。そしてやはり油は多め、ま、この種では当然そうだろうけど。


DSCN0078.JPG

よく創ってあると思う。しかし典型的な、一回でいい系といったら失礼だな。







タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 21:00| 東京ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集