2016年06月11日

麺将 重厚軍団 at 京都府京都市左京区高野泉町6-74

軍団がリニューアル、2016は麺将 重厚軍団に。

コテコテ営業暖簾はまだ使えるんじゃないの?ま、しかしどんな味かよーわからんかったり、チョイチョイナと有りものの具やタレをイジった位で限定とか、片腹痛いのが溢れてる!との噂でもち切りですが、とりあえず弾けたの突き抜けたのは、労力と信念を重ねまくるしかない、と教えてくれたのは軍団だったってね。


一乗寺で最初に(ちゃんとした)つけ麺を出した初めての店。
今回も、アブラや肉や化調や景品で列を為す一乗寺なのに、キッチリ作っちゃったよ。



DSCN0619.JPG

重厚醤油そば 肉多め
昼はこれのみ。いやまじか、これのみ?

店内はカウンターオンリーに券売機、ご飯は自分でよそうと結構なチェンジ。
来たる一杯、丼から湧き上がる香り!



DSCN0620.JPG

とりあえず、手切りしたロースが肉質しっとりで美味い。
そしてほろりと味濃く煮込まれた肋肉がこれまた!これは旨い、こんなの何処でも売ってないよ!

生姜がちょこんと鎮座、醤油が重厚というからやはり、青島食堂を意識されているかも知れない。しかし、ぬこれだけ強い醤油は他に類を見ない。後味にぐばっと椎茸がくる。もう、イチイチ驚かされる。



DSCN0625.JPG

昼のみの唐揚げ。保存の悪いニンニク頼みのや、皮が多く質の悪い油をビッキビキに吸ったのや、大分でゴニョゴニョのとかもーええわ!って思ってる方にお勧め。タレと肉を味わえる。何か言えというなら、キャベツが要る事は言うまでもない、行く度言いたい。



麺はパツっとしてこれがまた。
醤油は強いが出汁もぐいぐい来てるのでもっと、醤油ずどんでも構わなくってよ。


一乗寺で清湯の醤油ラーメンで、学生が並ぶ。なんとなんと。
これは夜に来てネオ輩麺も食べねばなりますまい。

正真正銘リアルウマシ。













posted by a certain Cue at 22:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集