2016年10月06日

ラーメン哲史 at 大阪府豊中市小曽根4-9-2

DSCN1126.JPG

新店、何故に豊中。枚方とか山科とか、もうちょっと何とか。


DSCN1119.JPG

揚げワンタンとか良いよねぇ。メニューに串カツとかあったら笑っちゃうけど、これは高揚する。


DSCN1124.JPG

肉醤油ワンタン 鶏の焼霜トッピング
うん、いい。無論踏襲しつつベクトルを汲み取りつつ。
タタキと言わずに焼霜、ネーミングは我が子の名前と同じ。意味わからん名前は中身も推して知るべしとはよく言ったもの。麺美味い、具、そう具も凄い。愉しい。


DSCN1120.JPG

どんぶり
この日のMVPは牛肉のしぐれ煮。この品質が新店で出てくる辺り、もはや文化的な価値すらというね。



DSCN1125.JPG

あぁ、彦根のもうすぐオープンするお店に麺魚とかまさ吉とか言っちゃけど、麺哲系言わなあかんやん。この麺とスープ出して、この丼出てきたらたまげるもの。





タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集