2016年12月28日

大阪 麺哲 at 大阪府大阪市北区曾根崎2-10-27

DSCN1399.JPG

限定:大和肉鶏蒸篭風つけ麺

麺哲系各店で蒸籠風が提供されている。かつて、「京都には家系と大勝軒と二郎がない。」と我ながら名言を吐いたが、いつの間にかどうやら全て揃う感じだ。

しかし付け加えなければならない、「でも京都は麺哲ないよね。」


しっかり甘いつけ汁だが舌に残らない、これ系は味醂風調味料の攻撃を受けることもあるが、まるでステージが違う。雄々しい肉、噛めば噛むほど惹きこまれる。




DSCN1401.JPG

そして麺。香りもいいが、舌を滑る感覚、啜り応えが抜群。薬味が乗っていたが全く必要性を感じない。麺と自分との間に何も挟みたくない、ただただ啜りたい衝動に駆られた。麺野郎や巌哲でも唸ったが、それ以来、2016至上の一杯と断言せざるを得ない。言わせていただきます、リアルウマシ。









ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集