2017年10月06日

梅花亭 at 滋賀県長浜市大戌亥町1031-3

今年初めての梅花亭エントリー。違うねん、書こうとしたら行くねん。じゃあそれも一緒に書こうか、と書くのとめるやん。書き上げるの遅くなるやん、貯まるやん。


DSCN0953.JPG

メンマ。ピンクでも桃色でもない。言うなれば蕾紅梅って感じ。
「人は挨拶や服装から劣化する。焼肉屋はナムルから、寿司屋は干瓢から。そしてラーメン屋さんはメンマから。」とはよく言ったものだ。このメンマからして、梅花亭のアイデンティティーが垣間見えるというもの。



DSCN0956.JPG

つけ麺はマイナーチェンジを繰り返してきたけれど、一貫してややタレ押しで動物系に魚介がぐぃっと来るもの。清湯でつけ麺食べてみたいとは思うけど、ニーズないのかな。



DSCN0957.JPG

豚飯
オーダーしたのは久々。まぁ美味いよね。










DSCN1254.JPG

またしてもつけ麺、無論メンマ増し。
前述とネギしか違わない。


DSCN1249.JPG

蟹サラダ
湖国最強サラダ。










DSCN1442.JPG

はいまたつけ麺メンマ増し。
麺違う、器違う、メンマ違う。え、メンマ!?


DSCN1443.JPG

つけ汁はちょいちょいタッチが変わってくるけど、久々の大きなチェンジ。


DSCN1439.JPG

蟹サラダ
お気づきだろうか、蟹がない。入れ忘れ、まあそんなコトあるよね。









DSCN1553.JPG

つけ麺
お肉は大判でしっとり柔らかに。


DSCN1549.JPG

蟹サラダ
うんうん。
通販つけ麺やってなかったので貰えなかった(ネタです)。










DSCN1740.JPG

醤油ラーメン
デフォが色々変わったというので久々に。
結構魚介がぐいぐい。こんな田舎でここまで魚押し、受け入れられない人間は一定居るのがわかってて、この味を出す。強い、芯が強い。

実際、知り合い(10代)は全然ダメだったと聞くこともある。そりゃあそうでしょう。脳が溶けるほどネギ増し、どっさり背脂が「ラーメン」だと思ってる人も居る。
ラーメンはたかが600円〜800円しか価格の差はない。寿司なんかあーた、客単1000円台〜ツェーマン楽勝超えはザラ。つまり、無化調と言いながら卓上に量販店で買った調味料を置く人間ですら、モノは違うって理解している。業界への参入障壁が低く、誰でも気軽に足を運べるラーメン。カラオケ屋でも置いてある、家でもインスタントで作れる。

そんなラーメンを見るに梅花亭店主は、「ウチがやらなけりゃ」と言う。
他人がひいた道を走るのもひとつ。自分の轍を作る、それもラーメン。


DSCN1741.JPG

うまい、肉増しヒッシュー感。










DSCN2036.JPG

DSCN2038.JPG

久々の油そば。お肉は増す。タレと麺を楽しめる、小手先ギミックチョイナー系とは違う。










DSCN2134.JPG

つけ麺
生じゃないよレアでもない。そして頗る美味い肉。新メンマもこなれてきた。まぁピンクのは懐かしいのも事実。


DSCN2133.JPG

蟹サラダは外せない、外したくない。




駐車場は計7台になるのかな、それだけあっても全く足りない。
平日でもなかなかの待ちでシャッターじゃないと相当待つ。
待たせる力があるお店ってのは凄い、何回も言いますが客はアホじゃないってね。
土日は避けた方が無難かなぁ、ビルドアップし続ける堂々の人気店でござい。



posted by a certain Cue at 21:00| Comment(2) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この店はわざわざ行きたくなります。つけ麺です。
Posted by ウータソ at 2017年10月07日 21:52
つけ麺はなんか難しいコトしてる気がするんだよねぇ(^^;

限定の方がいい感じに力が抜けて、弾けたので出てくる。
Posted by a certain Cue at 2017年10月09日 20:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集