2018年05月26日

吟醸らーめん 久保田 本店 at 京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル1F

DSCN2119.JPG

トッピングしたらメンマ二種、確か産地から違ったようで。
手の抜き加減レーダーのメンマはラーメンへ驕らない姿勢を映し出す。





DSCN2121.JPG

限定:熟成清涼つけそば
確かこの数週間後、エメラルドに輝く柚子ごしょう乗せを戴いて、その斬れにため息だった。とは言え、このネタは既に古いのか滋賀界隈がざわつくだけで市場にアジャストしてないかな?今期は姿が消えていた。





DSCN3092.JPG

限定:鴨清涼つけそば
キレたぁー。メンギョ二号とは比較にならない、キレ。鴨云々というよろ醸成された醤油に活かし方かな。
つゆはそのまま呑むが吉。





DSCN3095.JPG

DSCN3097.JPG

限定:担々まぜそば メンマトッピング
アマウマ。タレの粘度で麺がもっちゃるのが無くなれば最高。江古田の金時とは作りもアプローチも違うけど、再食するなら断然久保田。





DSCN2381.JPG

DSCN2382.JPG

限定:鮪塩冷やしらーめん 鮪増し
いよいよの季節ねぇ、これは去年の。去年は麺が細かったよね、今年もほっそいのを所望。
〆も良かったな、具増しヒッシュー。








ラベル:冷やし つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集