2018年10月15日

梅花亭 at 滋賀県長浜市大戌亥町1031-3

毎度おなじみ年に一度の梅花亭エントリー。結構同じものを食べてるので食べたブツで並べてみる。



DSCN2558.JPG

テッパンの蟹サラダ、実は今は準備中になっている。オペの問題か野菜高騰だからかは不明。ほぼ毎回オーダーしてただけに復活が望まれるところ。ラーメン屋さんで美味しいサラダってなかなかないしね。



DSCN3149.JPG

混んでるコトが多いのであまり店内では食べない杏仁豆腐。この日は空気を読んで頂いた。まぁこれ以上のスイーツ出してるお店、客単あがる、と口車に乗せられて出したはいいけど材料で冷蔵庫は圧迫するわ、たいして出ないわのソフトクリームとはダンチ。店のコンセプトとも合ってるし、そもそも質が高い。



DSCN3314.JPG

かつてはオフィシャルに、湖国三大唐揚げの認定されたけどかなり仕様が変わってる。加えて野菜もマヨもなし、ちょっとオーダーしにくい商品になったかな。



DSCN2919.JPG

鉄板チャーハンは平日はセット価格で異様にお安い。しかもこの味、〇源社長もビツクリ。やはり味以外の温度や食感や香ばしさが大事だと再認識。





チャーシュー盛り
DSCN2785.JPG


チャーシュー盛り
DSCN3146.JPG


毎回チャーシュー盛り
DSCN3190.JPG


現在はこの提供スタイル
DSCN3311.JPG


岩塩かな、いいお肉にいい塩。しかしながら迂闊に食して塩が舌に直接乗るとなかなかの刺激と塩分でその後の味わいに影響があるのが難点と言えば難点かな。
DSCN3369.JPG


というワケで塩をちょいちょいと箸で払いつつ食べる。無論美味い。唐揚げがあるのにこれを食べ続けるお店は梅花亭だけというのだから、そのクオリティは推して知るべし。
DSCN3425.JPG


でもね、少し前の提供スタイルはコレ。
DSCN2560.JPG

タレも良かったなぁ、今度確認してみよ。






DSCN2920.JPG

デフォのラーメンもたまには。美しく出汁が伸びる。意図的な酸味と加工調味料でイブツに仕上がったラーメンとは違う。
そしてメンマは今は穂先になった、メンマで仕事してるか判断するよ!仕事の達成率は採算表で管理するのがアメーバ経営なんやで!というワケで、好みはあるけど仕事してるメンマ確定。





DSCN3315.JPG

夏期限定 梅冷やし
甘いけど甘ったるくない、やんわりと温度をとったスープが実に美味い。
そういやこの梅を業務用ペーストって書いてる人がいたなぁ。まあしょうがないか、だって手作りの梅ペーストなんて食べてないんだろうし、出て来たらオートで業務用だと思うんだろうね。自分のエリアの外にいる人間のコトなんてわからないよ、ヒッシューって聞いた時、何が起こったかわからんかったもんね。
野菜のカット、しっかり食わせる工夫。とりあえずトマト置いときゃそれっぽいか..で作ったモノとか恥ずかしくなる出来栄え。

DSCN3317.JPG








DSCN2564.JPG

油そば
とりあえず滋賀のこれ系ではまずコレ。うどんの三拍子さんに、「どこか(美味しい)油そばは?」と聞かれたので、まずお勧めしといた。麺、具、歯触り、面白さ。うんうん。この日は何故か鶏肉がおいてある。



DSCN3144.JPG

あれ、この日のはタレと麺を混ぜてないんだね。





DSCN2787.JPG

さぁきました、つけ麺。
しかし自他ともに認める麺喰い、つけ麺好き乍らこの店のつけ麺にはあまり言及してこなかった。
清湯でやらんかなぁ、濃厚にしてもちょっといがらっぽいなぁ、麺美味いから食べすすむけど、もっと跳ねそうなもんだが...と。





DSCN3196.JPG

で、コレ。試作ではある。
話せばちと長いがようは、美味いつけ麺とは何ぞや的な話になり、店主が思うところあり東京であのお店で食べた。
それのオマージュっつーの?めっちゃ並ぶ、復活したあのお店。

DSCN3193.JPG

麺もプラスティッキーとかカタイだの言わせない、しっかりやわめの麺。

DSCN3199.JPG

仕事したメンマぁ..はいいとして、はいこの量。まさにBNTリスペクト。

無論、クリソツとは言わないけど独特の獣臭や油の使い方なんかはビンビンくる、そしてジャスト美味いつけ麺!!





DSCN3372.JPG

DSCN3374.JPG

それの第二回試作。ちと、動物系由来以外の甘味がまえに出たかな。麺がさらに進化。





DSCN3427.JPG

DSCN3426.JPG

DSCN3428.JPG

第三回、結構離れてきちゃった。でもねぇ、ちゃんと向き合って作られた麺を啜るのって楽しいねぇ。
似てる似てないを除いたら、至極真っ当に向き合ったつけ麺です。





どんどんキテ欲しい、梅花亭の進化を更に期待してる次第。








posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集