2019年02月20日

豚骨らーめん 壱々零参 at 滋賀県大津市栄町16-10

きたで2019の新店。出身はバスk..じゃなくて、いいときの風火元店の..ってアレ、これオフィシャルじゃないの?
まぁ言わないでって言われてないからいいか。元店と言えばすっかりの今もアベレージ120杯をたたき出すお店。今でこそFacebookでさえ「昔はよくいったな、まあ初代店長居ないとナンヤけど、ワイは豚骨に五月蠅いから行ってやらないわけでもない感でドヤされるワケだが、結構売ってた時の元店長が満を持して?オープンされました。



DSCN3810.JPG

思いっきり住宅街で駐車場なし。こりゃ11台も契約してる紫陽花をdisった狂人が見たらなんというでしょう。
関西アーバンのタイムズに停めるとスムーズかな。



DSCN3811.JPG

自分ちの隣に豚骨ラーメン屋さん...遠慮したい。
焼き鳥・豚骨ラーメン・塾が、三大隣に住みたくないビジネスに決まってるけど、その辺の配慮はされてるのかしら。
ま、孔子に論語、鴨麺屋さんに合わないソースをムリクリ合わせる所行。
あきひでみたいにドナリk..んでくるご近所さんが居ない事を祈る。



DSCN3813.JPG

夜はラーメンだけでもイケるけど、居酒屋使い可能。二階もあるし。次回の湖国流行語選定会はココで決まりですな。


麺メニューは豚骨らーめん・貝だし豚骨・あっさり中華そば
当初予定の清湯の塩や味噌は華麗になくなってた。これはかも変動あるかもね。

さて、豚骨ラーメンからいくセオリー無視して気分優先であっさり豚中華そばをいただく。
チャーシューご飯セットと、まだ前客1をいいコトに夜メニューを出しっぱなしだったので、なぁなぁ発動でお任せお造り。



DSCN3816.JPG

チャーシューご飯は食感を残した多めのモヤシに解したチャーシュー。薄味のタレ、そのままでイケるけど、ポン酢と大根おろしがついてくる。これがなかなかいい。



DSCN3819.JPG

あっさり中華そば
豚出汁やんわり、モヤシキッ、パツ細麺は豚骨仕様なんかな。違った麺でもためしてみたい。

次はやはり豚骨、「やっぱり(居た店に)、似てしまいますわ〜」なんて言ってたから、久々に懐かしい豚骨を堪能したい。





DSCN3821.JPG

夜メニューの一部
ちょこちょこ行かないと夜営業に専念しちゃうと困るよね、こぞって行ってください。













ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集