2019年12月05日

つけ麺丸和 各務原分店 at 岐阜県各務原市那加石山町1-130

およそ半期に1度かな?
定期的に提供される人気の限定。わさぁっと薄切りバラ肉が乗り、アマズッパのつけ汁にどぼんする至福。
そもそも麺がいいのでどうやっても美味いんだが。

特に岐阜のお店は毎年同じ限定を同じ時期にうつ傾向がある。にっこうもカレーつけ麺やお塩等は時期が固定されているが、
多くの店は限定時期はランダム、都度創作というケースも多い。

"ラーメンには季節がない"という類の名言を偉い人が言ったけれど、同じ限定を同じ時期にうつことによって、
確かに季節を感じる。
真屋の味噌や春香、ひかりの香露もそうなるかな。

まあ都度創作言いながら、香辛料やあしらいをチョチョイノチョイとかえて、買ってきた醤油をチョイナーな店もあるから、
作りこんだ限定を毎年出してくれることは逆に新鮮に映ったりね。






DSCN4085.JPG

限定:胡椒肉つけ麺 肉増し増し


DSCN4466.JPG
DSCN4467.JPG

こっちはぬる。
クラシカルなやつはアツアツのつけ汁より、温度の低下と油の減りからくる味わいの変化が忙しい。
実に忙しくも楽しいのだ。







ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 11:00| Comment(0) | 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集