2020年01月14日

ラーメン鳥好 at 岐阜県羽島市正木町新井857

DSCN4187.JPG

焼き鳥屋さんがやってる、お店。と言ってもチョイナー、ウチは鶏白湯だぜ、ちょいなちょいなで居酒屋片手間系ではなく、きっちり作りこんでいるはわかる。と、なれば行かねばなりますまい。





DSCN4180.JPG

すぐ店での二毛作ではなく、隣に焼鳥屋って感じ。カウンターには薀蓄が書いてある、まあさらっとは読むけど、すげえすげえとは言わない御約束。全ては食べてから。





DSCN4182.JPG

焙煎つけ麺 醤油
海老といりことアゴがある、醤油ってのも好印象。無論肉増し、清廉な美味さ。
後味が、東海やなぁーっというタッチ、なにゃろねぇ、これ。よそにはない。
よその店を丸ぱくゞする店にはない、無骨な中によどみなく啜らせるロジックがある。





DSCN4184.JPG

温玉ぶっかけラーメン

やさしい仕上げなので、温玉がいろんな味をまろやかにつつみ隠しやがる所業はお約束、ないほうが断然いいだろうねぇ。


とは言え、研鑽された具のセレクション(チョイスではない)は見るべきところは大いにある、そもそも具が強く美味い。




DSCN4183.JPG

DSCN4186.JPG

"自家製麺ならではの極太変則ちぢれ卵麺"と書いてあった、それはかなりの惹きだけど、つけ麺とまぜそばが同じ麺流用なので、
自家製麺の醍醐味やメリットが顧客に還元されているとは言い難い。


かなり面白い麺であることは認める。そしてお勧めしたい。













ラベル:つけ麺 冷やし
posted by a certain Cue at 07:00| Comment(0) | 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
リンク集