2016年12月06日

麺や 結 at 滋賀県守山市勝部3-8-24

DSCN1337.JPG

DSCN1338.JPG

限定:黒味噌まぜそば 鴨トッピング 唐揚げ1ケトッピング(口頭オーダー)
うん、美味い!年末の限定に捲られるこの季節でも再食したいかな、ニラヌキで。
鴨肉の細かいコトは言わない御約束もウィング麺?を一番美味しいく提供したお店かも知れない。



タグ:まぜそば
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豚骨やたい 九州雄 at 滋賀県草津市穴村町250-6

DSCN1301.JPG

限定:にぼとん 味玉トッピング
言うなよ〜、麺は中太だったらいいのにとか言うなよぉ〜。
麺以外はい言うコトなし。

普段はトッピングしないけど、ここのは味が濃くて好きな味玉。



DSCN1298.JPG

肉でかい、メンマトッピングしたので、よりズッポシ。





タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 10:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

らーめん みふく at 滋賀県大津市浜大津2-5-8 国松第2ビル1F

DSCN1091.JPG

限定:うな玉醤油ラーメン
見えてないけどそれ系の具が乗ってる。好みではなかった。


DSCN1308.JPG

限定:焼きアゴ醤油ラーメン
ずっぽし好み。スープの温度が高すぎるので底が感じにくい点、時間と労力をかけまくるラーメンに対して、scamp感あるご飯モノだなぁって無いモノ強請りかな。


DSCN1143.JPG








タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

ラーメン 奏 at 滋賀県野洲市冨波乙690-32

DSCN1294.JPG

つけ麺 メンマトッピング
あら、美味い!キメの甘さがあったら更にジャスト。
ここはチャーシューが美味しいので、増してもいいなぁ。麺はその愉しみ方を教えてくれるかのような出来栄え。


DSCN1296.JPG

ご飯の肉がぐいぐい増えてる、面が割れたか?(冗談です)
何度も言うけど、麺に出来るんだからご飯の肉増しも希望。この肉は惹く。









タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(2) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らー麺 潮騒 at 滋賀県彦根市古沢町216-1

DSCN1323.JPG

"201.11にオープンした彦根の新店。
まぐろのきたやの系列というか新業態というか。店に居るのは若い衆、きたやでは仕込みしてる人らしいので、ラーメンというフィールドで勇み立っているというところかな。
「居酒屋がやるラーメン屋、本気で」というニュアンスをきたやで聞いた。ラーメン好き、ご近所さんでは視点が違うだろうけど、ウルサガタ視点でいってみる。

立派な店構え、料金後払い。重厚なカウンター上に市販のケミカル調味料にゴニョゴニョ言うのはアンタだけやって言っちゃいやよ。
なんでツッコムかと言うと、きたやでは「ラーメン屋さんだからこれでいい、という概念には甘んじない」というような言葉を聞いたから。(もっとやんわりした表現だった、こんなカドがたつ言い方ではないので、念のため。)
それは布おしぼりを出す辺りからも、やっぱり汗ふきたいでしょ、という気持ちからだと聞いた。


ならば、この100均でも売ってるラー油はなんだぁぁぁああ!
これでええか感満載、ポンズのポンとは何ぞや以上の怒号也。
スタッフは5名は居たかな。宣伝してないわりにそこそこ入ってるのは流石といったところ。完全に余剰人員なので、仕事を覚えてもらって、中堅どころは夜に専念したい感かしら。

さてメニュー。
夜に飲んだ後〆てほしいという意思は感じる、ランチ特典なし。唐揚げがこの値段では量もあるだろうし、一人では頼めんなぁ。そこんとこひとつ。小唐揚げ+ライスは少なくともいるっしょ。

初訪はメニューの先頭....でもいいんだけど、ここは濃厚Wスープにした。理由は、Wスープを合わせてるか見たかったからなんだけど、ちょっと確認できず。
もうひとつの理由はこれだけ仲間はずれだったから。


醤油
濃厚!
味噌


なんでタレの味の中に、濃度があるねええぇぇん!
ま、そんなツッコミする人も居るんですよ(^0^)


麺、良かったと思う。
スープも、タレも。チャーシューも美味しい。
メンマはあぁこれかって感じ、無論柚子はいらないけど、あったら嬉しい人もいるでしょう。
ネギは手切りだねぇ、多すぎるけどこれはいい。
ただ、面白味はない。

え?そんなの目指してない?
でも、ラーメン部のレビューで「おいしいんだけど、惜しい!」とか書かれるのはしゃくに触るんじゃね?

というワケで、居酒屋でラーメンの鬼謹製麺を出す店、魚が美味い店、鯛がガッツリの店、寿司を出す店など、今はいろいろあるんでよ!こんな感じかなぁ〜ってヌルくね?もっと攻めてこーぜ!"



なんてレヴューがあがってるとかなんとか。



DSCN1325.JPG

布おしぼりはいいけど、これホントに紙よりいいもの?
乾き気味の布よりオムヒコなんかで出してるいい紙おしぼりの方が嬉しいけどね。

麺もおしぼりも保管次第ですな。



DSCN1324.JPG

彦根のおそらくは丸高製麺のもの。
このラインナップで麺が共通か..まあ変にかえて鮮度が落ちてもなんだし、これはこれで。

麺に添加物がどうとかフイても、ネギや海苔やメンマが添加物塗れだったら意味ねーじゃん!
と意味不明にここで吠えとく。



DSCN1326.JPG

濃厚Wスープの潮騒そば
湖国ではWで合わせてもないのに言ったもん勝ちみたいな、いや勝ったの?言うだけ負けじゃね?って感じですが、此方はどうかは不明。見えなかったので。

濃度は中庸、ガツンとくるタイプではなし、塩分も程よく抑えられ、磯の風味も適度に香る。とは言え、麺魚や変に弾けてた龍頭のような個性も主張もない。テンションとしてまったりしてるね。肉も二種あるけどボリュームがなぁ。麺は悪くない、でも遠征で来るんじゃないぞ。


DSCN1328.JPG

チャーシュー飯
と言いつつも、刻んで肉食った感じはしない。タレも控えめ。あーなんなら呆れるほど化調入れてくれた方が、振り切ってていい。



オープン日がずれてたので、まずはゆっくりと開けてるのかな。
昼にマグロ丼とか貝のご飯とかさ、卓上のお新香が手作りだとかさ、出す前にワンタン包むとかさ。

ラーメンも含めて、アドバンテージが見たいんだよ。まさ吉は麺はそんなに評価してないけど、意思はビンビンだった。
今んとこそれは皆無。味は悪くない、でも素人がそんな感想を持つ程度じゃ。


























posted by a certain Cue at 20:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集