2016年09月28日

吟醸らーめん 久保田 本店 at 京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル1F

DSCN0765.JPG

限定:鶏白湯らーめん チャーシュー・メンマトッピング
言う事なし、至高。なんなん、京都でこれ以上ってどの白湯?高安ってもっと美味しいの?東京からきたお店に並ぶ京都人ってなんなん?ってハナシもね。

内外製粉ツアーメンツに関するお問い合わせは、このブログにはしないで。




DSCN1043.JPG

限定:鮪塩冷やしらーめん
提供ラストに伺ったのでシビ増し不可。
うまいの前提で言うと、小麦香る白い中細縮れを来年は期待。そして巌哲のシビの斬れや恐るべし。





ラベル:冷やし ラーメン
posted by a certain Cue at 09:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

つけ担担麺 市右衛門 at 京都府京都市山科区椥辻草海道町10-1

DSCN0673.JPG

マーラーつけ担々麺
ようやく初訪問。しっかり美味しい、そして驚いた。

DSCN0675.JPG

から揚げは香味ソース、これもいい。


DSCN0677.JPG

とりあえず坦々麺じゃあかんの?的なネゴトこいとけ系とは次元は違う、再訪は絶対する、メニューなり限定なり味変なりに面白味が出れば、もっと行くんだろうなぁ。







ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 09:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

麺将 重厚軍団 at 京都府京都市左京区高野泉町6-74

軍団がリニューアル、2016は麺将 重厚軍団に。

コテコテ営業暖簾はまだ使えるんじゃないの?ま、しかしどんな味かよーわからんかったり、チョイチョイナと有りものの具やタレをイジった位で限定とか、片腹痛いのが溢れてる!との噂でもち切りですが、とりあえず弾けたの突き抜けたのは、労力と信念を重ねまくるしかない、と教えてくれたのは軍団だったってね。


一乗寺で最初に(ちゃんとした)つけ麺を出した初めての店。
今回も、アブラや肉や化調や景品で列を為す一乗寺なのに、キッチリ作っちゃったよ。



DSCN0619.JPG

重厚醤油そば 肉多め
昼はこれのみ。いやまじか、これのみ?

店内はカウンターオンリーに券売機、ご飯は自分でよそうと結構なチェンジ。
来たる一杯、丼から湧き上がる香り!



DSCN0620.JPG

とりあえず、手切りしたロースが肉質しっとりで美味い。
そしてほろりと味濃く煮込まれた肋肉がこれまた!これは旨い、こんなの何処でも売ってないよ!

生姜がちょこんと鎮座、醤油が重厚というからやはり、青島食堂を意識されているかも知れない。しかし、ぬこれだけ強い醤油は他に類を見ない。後味にぐばっと椎茸がくる。もう、イチイチ驚かされる。



DSCN0625.JPG

昼のみの唐揚げ。保存の悪いニンニク頼みのや、皮が多く質の悪い油をビッキビキに吸ったのや、大分でゴニョゴニョのとかもーええわ!って思ってる方にお勧め。タレと肉を味わえる。何か言えというなら、キャベツが要る事は言うまでもない、行く度言いたい。



麺はパツっとしてこれがまた。
醤油は強いが出汁もぐいぐい来てるのでもっと、醤油ずどんでも構わなくってよ。


一乗寺で清湯の醤油ラーメンで、学生が並ぶ。なんとなんと。
これは夜に来てネオ輩麺も食べねばなりますまい。

正真正銘リアルウマシ。













posted by a certain Cue at 22:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

麺屋しゃかりき at 京都府京都市中京区聚楽廻東町3-9

毎度お馴染みしゃかりき周年限定、今年も1Day×3日で各限定が提供された。初日と三日目がつけ麺だったのでそれを。

DSCN0523.JPG

12th 限定:清湯つけそば メンマトッピング
魚介の効きはいつもの、切り裂くタイプにあらず。麺があら?と思うほど太めで、舌がついていかなかったかな。具では鶏が抜群、ここんとこ周年と言いながらサプライズなのは出てこないので、安心のKA☆JIテイストというところかな。



DSCN0538.JPG

12th 限定:鶏白湯つけそば
3日目のナニ。白湯にクリーミーとか言うたら負けな、という一杯。いつもの口当たりとは違ったなぁ。具が同じだったので、限定っぽくはないんだけど、つけそば然とした一杯を出す店が京都には何軒もないので、プロが食べたら勉強になる、という感じね。





ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

吟醸らーめん 久保田 本店 at 京都市下京区西松屋町563 フジ萬ビル1F

出たで、いよいよTIGやで。
DSCN0512.JPG

期間限定:濃厚豚骨魚介つけ麺
申し分なし、最後の1/4でダレた。でも京都市内に対峙できるこれ系...2杯も思いつかない。



DSCN0590.JPG

大盛り メンマトッピング
甘味酸味のバランスかしら、ぐいと惹きこむ。麺はあえて〆過ぎてない気がするけど、季節も季節だし、チンチンにつけ汁が熱いので、もう少し〆てもいいかも知れない。無論、つけ汁に麺を入れて箸を離したらチンチンもクソもないのだが。6月中は曜日限定にて提供中。

日によっていろいろ違うらしく、出すごとにビルドアップしてるようだ。そしてまだまだ美味くなるらしい(断言。

何か言えと言うなら、道や朧月のような独自性はないかなぁという処。とは言え、相当到達点は高い。
前回残したつけ汁は一滴残らず掬ってしまった。大盛りマスト、リアルウマシ3秒前。












ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 09:00| 京都ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集