2017年04月10日

ラーメン あおやま at 大阪府枚方市南楠葉1-6-10 シャトー東1F

DSCN1955.JPG

2017の春オープン。昨年から、いよいよオープンするとは聞いてたけど、ヒトがビワイチしてる日にバッティングするとは。
まぁ開店すぐは結構な並びだったようで、ちと落ち着いた頃に訪問、と言ってみたり。単に春休みは来れなかっただけだけどね。
さて、くじからラーメンを廻していた店主氏が、一転結構な人通りの街にオープン。まぁ凱旋ですな。しかしどういう空気なんだろ、実家塾の下でラーメン屋とは、実に興味深いね。校通信とかで、「息子がオープン!」「ちと、教室が鶏に匂いがクルけど炊いてるから勘弁してね」「しっかり炊くと、空調がいいくらいでは鶏臭さはなくなりません」とかね。
駐車場は2台、画像左の丸征住宅の前にあります。


DSCN1946.JPG

ラーメン三種、スープオフ一種。
くじからで鶏白湯も生醤油も食べたから、ブラックかなぁと思ったけど、先頭メニューからいってみた。
唐揚げは隠されてた、ハートランドあり。


DSCN1947.JPG

薀蓄。しっかりここ見て書くんだぞ、木っ端ブロガーどもめ!とヒシヒシとね。
これで、「なに使ってるか教えてくれへんと書けへんやん」とオネダリされることもないってコトで。


DSCN1948.JPG

箸は二種、グラスはこんな感じで。すっきりお洒落な内装です。時計が可愛かった。


DSCN1950.JPG

鶏白湯 メンマトッピング
おおー、潔い感じ。タマネギが乗らないのがいい、支配的になりすぎるしね。
チャーシュー二種に鶏のつくね。自家製のざらっとしたもの。美鶴のがどうとは言わないけれど、業務用はツルっとしてるね、もしくは揚げてあるとか。この甘味は野菜かなぁ、いや知らんけど。鶏と水しか使ってないわいって言われる系なのかな。意図的な甘味はなく、しっかりクサウマな仕上がり。Jetはもっと器用な感じかな。ちょっと比較が思い浮かばないけど、実直な美味さ。酸味たらしすような惰弱な工作に走らず、今後も真っ向鶏と向き合い続けて欲しい。


DSCN1952.JPG

DSCN1953.JPG

くろそば
何度かチャクリキやくじからで食べたメニュー。タマネギぬき。
なんと!タレとアブラ、これほど真っ向スープオフは大阪に何杯あるだろう。
店で作ってない具材並べてウハウハ言うのも別に否定はしないが、到達点がまるで違う。
ブラックペッパーをカイエンに変えたらどうなる?程度のゴニョゴニョしか出てこない、完成してる。

麺が麺が麺が。
美味いアブラとタレを纏った麺はこれほど美味いのだ。


何もいらない、無論ニンニクなど不要というか雑音。聞けば少量の清湯スープを入れたら化けたらしい。
何か言えと言うなら
心底満たされた、自分の中で大阪においてカドヤ・麺哲のそれは殿堂入りしたが、それ以外あの店コノ店..。
まぜそばで言うなら香澄より遥かにずしんと来た。
凄い、言わせていただきますリアルウマシ。











posted by a certain Cue at 22:00| Comment(2) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

らぁめん 真 at 大阪府茨木市駅前1-3-4

DSCN1318.JPG

DSCN1313.JPG

かのきんせい出身、おそまきながら初訪と言ったら他は言ったのかい、というコトで。
まぁ行こう行こうと思いつつ、カレーつけ麺を逃してしまった。同門はJetも奏も品質の高さは近い出来るけど、ガッチリフィットしてこない、特にJet。吉風が一番いいと思ってるけどね。え、イルカン?言うなって。


DSCN1316.JPG

醤油つけ麺 メンマトッピング
ありゃあ、こりゃ美味いわ。つけ汁も油も嫌味なく、しっかり旨みを湛えてる。麺も質感がありながら滑らか。しかしこの味ってホントきんせいテイスト。東京にないもんねぇ。



DSCN1317.JPG

唐揚げは衣硬質の例のヤツ。解ってて頼んだのは、麺が美味すぎて少し燥いだ。


奥底を知ると言うか麺哲は勿論、カドヤ・きんせいはやはり関西に大きな役割を果たして来たのだな、と思ったり。








ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

大阪 麺哲 at 大阪府大阪市北区曾根崎2-10-27

DSCN1399.JPG

限定:大和肉鶏蒸篭風つけ麺

麺哲系各店で蒸籠風が提供されている。かつて、「京都には家系と大勝軒と二郎がない。」と我ながら名言を吐いたが、いつの間にかどうやら全て揃う感じだ。

しかし付け加えなければならない、「でも京都は麺哲ないよね。」


しっかり甘いつけ汁だが舌に残らない、これ系は味醂風調味料の攻撃を受けることもあるが、まるでステージが違う。雄々しい肉、噛めば噛むほど惹きこまれる。




DSCN1401.JPG

そして麺。香りもいいが、舌を滑る感覚、啜り応えが抜群。薬味が乗っていたが全く必要性を感じない。麺と自分との間に何も挟みたくない、ただただ啜りたい衝動に駆られた。麺野郎や巌哲でも唸ったが、それ以来、2016至上の一杯と断言せざるを得ない。言わせていただきます、リアルウマシ。









ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ラーメン哲史 at 大阪府豊中市小曽根4-9-2

DSCN1126.JPG

新店、何故に豊中。枚方とか山科とか、もうちょっと何とか。


DSCN1119.JPG

揚げワンタンとか良いよねぇ。メニューに串カツとかあったら笑っちゃうけど、これは高揚する。


DSCN1124.JPG

肉醤油ワンタン 鶏の焼霜トッピング
うん、いい。無論踏襲しつつベクトルを汲み取りつつ。
タタキと言わずに焼霜、ネーミングは我が子の名前と同じ。意味わからん名前は中身も推して知るべしとはよく言ったもの。麺美味い、具、そう具も凄い。愉しい。


DSCN1120.JPG

どんぶり
この日のMVPは牛肉のしぐれ煮。この品質が新店で出てくる辺り、もはや文化的な価値すらというね。



DSCN1125.JPG

あぁ、彦根のもうすぐオープンするお店に麺魚とかまさ吉とか言っちゃけど、麺哲系言わなあかんやん。この麺とスープ出して、この丼出てきたらたまげるもの。





ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

麺麓menroku at 大阪府枚方市大峰元町1-6-30

DSCN1035.JPG

2016.7オープンの新店。R307沿いで駐車場有。
という、ちょっとググればすぐ判る、情報とは言えないコトを書いてみる。


DSCN1030.JPG

ま、蕎麦屋チック、蕎麦屋擬き?どちらが適切かは出された一杯次第也。


DSCN1027.JPG

メニューを大阪のフリークさん?が食い入るように読んでました。
でもバイク乗ってタバコぽい捨てしちゃダメだよ。


DSCN1033.JPG

DSCN1034.JPG

鴨つけそば 鴨増し
増したら肉が選べるって書いてあったので、デフォがロースだから「モモで」と注文。これでロースとモモが食べられると思ったら、全部モモになってた。じゃあ、増さなくても選べりゃいいじゃん?と思ったり。肉は今までの鴨最高峰に近い。つけ汁は弱め、麺はツブツブなない丸で食べたい。あ、弱いってボカして書いたのは、出汁もタレも脂もってコトだから、遠慮したの。でも鴨を出すお店は、一度食べてみていいんじゃないかなぁ、と謎にお店目線。









ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 08:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集