2015年06月09日

らーめん鱗 at 大阪府茨木市永代町10-19 永代町壱番館 1F

DSCN8353.JPG

水餃子
わかってて頼んでる。

DSCN8354.JPG

辛和えめん
心が見えない


あす流は好きな店、この店は二度目。オープン当初とはかなり違っていた。




ラベル:まぜそば
posted by a certain Cue at 09:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

麺や なないち at 大阪府茨木市稲葉町1-12 ローゼマキシム1F

富田でほの香という蕎麦屋さんをやっておられた方がラーメン屋さんとして新規オープン。ほの香は一度赴いて、その際はラーメンがない時間帯だったので蕎麦をいただいた。ヲタ臭香る蕎麦屋というなんとも心中お察し申し上げる感じだったわけだが、魑魅魍魎なラーメンワールドでどんな存在感を出していくのか、夢想しつつプレオープンに伺った。
DSCN8342.JPG

あいにくの雨なので店内は空いていた。この日は電車だから気にしなかったが駐車場はないんだよね?
場所は阪急茨木市駅からすぐ。

DSCN8345.JPG

ツルっとしたストレートカウンター。水差しはレモン入りウォーター。ダレたレモンだと酸味がきついが流石、フレッシュ。この水は飲んでいいやつやで。

DSCN8346.JPG

メニューは塩と醤油。おいおい蕎麦もやられるようで。お勧めは塩のようだが当然醤油をいただく。
ぷるぷる丼は具がぷるっとしてるかららしい..ってそんなの詭弁っしょ。じゃあアソコはカリカリ丼、こっちはジュージュー丼ってなるぜよ。

DSCN8349.JPG

月替わり醤油ラーメン
なん..じゃこら。ぐばぁーっと魚!濃厚魚介魚介とも言うべき、魚介押し。僅かに魚粉もあろう、油も魚かしら。外連味なく魚を煮出したスープ、こんなん豚骨とか書かれてなきゃわからないって。

DSCN8350.JPG

跳ねる弾力の麺、これ、鶏豚とかに合わせるやつじゃね?それを受け切る濃厚魚介魚介スープ。箸と麺の相性が良くないのは気になったけど、この妙、愉しまずして何とやら。

DSCN8351.JPG

具が沈んだフォルム、箸、柔らか過ぎるチャーシューなど、聞かれたら言おうと準備してたけど黙しておられたので、舌に残る余韻を感じつつ店を出た。タレをギリギリまで控えて魚を活かしたスープ、湧き上がる香りは、あまりない経験のもの。本オープン等はその筋を調べてもらうとして、これは機会をつくって再訪したい。










ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 20:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

らーめん 颯人 at 大阪府大阪市北区南森町1-2-2

此方もカドヤ食堂出身。もしかしてつけ麺が出るんじゃないか、出たら行こうと思っていたが、うまい味噌にも惹かれるので赴いた。
DSCN8019.JPG

みそらーめん
おおお、おおお。なんちゅー、難しいことを。

しっかり味わえる、風雅かな味噌の味。しかしこの創り、この値段、この品揃えでどこまで通せるのだろう。

もっと簡単な道があるのに。
甘味を足せばどうだろう
ミンチを忍ばせればどうだろう
もっと油に依存すれば
ごわついた太麺にすれば

しかし、しない。なんちゅー難しいことを。


自家製の麺はやや太め、味噌では出逢わない表層はふわっとしたもの。しっかり茹でてあってかなり美味い。
しかしこれはかなりのトライアル也。丁寧に切り落とした一片の柑橘の清涼感にはっと目を覚ます。それほど考えさせられた、味噌の魅力に惹きこまれたのもあった。
是非、味噌のつけ麺での路も開拓して頂きたい。










ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 10:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

麺処えぐち at 大阪府大阪市北区豊崎2-8-8

DSCN8015.JPG

2015.4.27、カドヤ食堂出身の店主が江坂に次いで二号店をオープン。場所は..って要らんねこのご時世に。いらんね、このレベルの店に。フリーク的には"駅から弥七を通過して信号渡って右向いたらあるがな"ってのが一番親切ってコトで。


DSCN8007.JPG

メニューは江坂を概ね踏襲、白湯のつけがあると聞いて、速攻で赴いた。カドヤ・えぐち・うえまちは別次元やさかいに。この日はオープン間もないからか、此方で店主の仕事を見ることが出来た。


DSCN8008.JPG

鶏豚骨つけそば メンマトッピング
器は同じものかな、受け皿も赤になった。ビジュアルが同じだとホットする反面、面白味がない。ましてや白湯に釣られてきたのに、パっと見よくわからんという。まあ、完成域にあるのであれば、悪戯に変えることもないか。


DSCN8013.JPG

このメンマは量も質も凄い。あの独特の香りが楽しめる。これだけ入るとスープに寄与するので勧めはしない、ただただ仕事をしたメンマが好きなのであります。


DSCN8011.JPG

自家製の麺、小麦と会話したというやつね。まあ自家製をありがたがって褒めときゃいいっちゃーいいか、なんて高を括っていたら驚く、此れは。鮮烈な風味、湾曲した丼から香りが湧き上がってくる。喉越しや口当たりがいい麺は珍しくはないが、これほど香る麺はいつ以来だろう。強めの酸味も節の香りにも負けていない。

関東でも東海でも出逢えないカドヤから脈々と流れるこのベクトルをして、揺るぎない孤高のポジション。そして、やはりえぐちはえぐち、態々足を向けるに値する一杯だった。










ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 20:39| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

中華そば うえまち at 大阪府大阪市中央区上町A番22号

DSCN7346.JPG

つけ麺 大盛り 煮豚トッピング
うまいうまいうまいうまいうまいうまい


値段がいくらしようが前に何杯食べようが、大盛り+煮豚以外の選択肢なし。
あつもりに生玉子をのせるなら、もり生なまよろしくひやにも乗せたい。一応聞いたけどダメだった。メンマトッピングすらしてくれないもんねぇ、できる出来ないじゃなくメニューにないものはない!ってコトかしら。
昼の部で店内待ち常時あり、ずっとこの一杯を出して欲しい。



ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集