2015年12月24日

麺屋すみか at 三重県いなべ市員弁町楚原868−6

DSCN9621.JPG

DSCN9623.JPG

期間限定:タンタンつけ麺
造りの面白さ、辛味一辺倒にならないつけ汁の芯も、あつもりでどっしゃーと投げを打たれた感じ。
麺の魅力をスポイルしてでも重視すべきポイントがあったということだろうか。
(あつもりにしては、粘りや香りはかなり良いコンディションだった。しかしひやと比べられるものではない。)




タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 19:00| 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らーめん 鉢ノ葦葉 at 三重県四日市市城北町1-12 ル・グラン1F

DSCN9613.JPG

特製醤油

限定がない時期に、つけ麺がなくなり、唐揚げがなくなってもラーメンを語るには通らずにはいられない。
更に少なくなった品数、全ての存在意義を汲み取る作業も楽しい。食べずとも一見してベクトルを悟れるメニュー名もギミックじみたメニューにはない魅力なのだ。

誤魔化しがない、というのは来年さらに評価されるのだろう。



タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 11:00| 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

中華そば 華丸 at 愛知県一宮市萩原町串作1407-2

DSCN9219.JPG

特製華丸つけめん
ムロの良さを知った店、つけ麺に引きこまれた店。出汁も麺もメンマも変わったけれど、後塵を排することなく、只管我が味を走る。つけ麺ってつけ汁がヌルくなるでしょ、という方に是非お勧めしたい。最初からヌルイから。そしてその意味がわかるから。
特製は全ての具増し。肉はつけ汁と一緒になって俄然ポテンシャルを発揮する。海苔の美味さは変わらない。

DSCN9217.JPG

いなり寿司で涙ぐむ。あまい、実に正しい甘さ。





タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 08:00| 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

鳥そば 真屋 at 岐阜県大垣市熊野町4-6

DSCN8827.JPG

期間限定:アゴの冷しそば チャーシュートッピング
2015ver.は9/7までだそうで。口に含むと鰹っぽい魚、後から口中にアゴ、積層感は鯖なのかな。毎年同じ系統の冷やしも何れも違うもの。醤油も重くなく、僅かに油を纏った硬質な麺が唇を滑る。増した肉はネットで見てきたものとは違うもの、作ったらそりゃ肉質は変わるがな、というハナシで。柴漬けワカメとレモンから徐々に出てくる酸味の変化もすんなり享受できるのは、取りも直さず出汁ですよ。否魚粉、だ ・ し 。これ食べないと夏は終わらない、というヤツです。


タグ:冷やし
posted by a certain Cue at 17:00| 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

二代目 白神 at 岐阜県関市小瀬2611-1

期間限定:天然鯛の香露
DSCN8541.JPG

DSCN8547.JPG

中力粉の麺がみっしり詰まった剛麺に。唇を滑らせて啜るほどに舌上で跳ねる跳ねる、麺が暴れる。鯛も醤油も外連味のない美味さは言わずもがな、2015夏麺MVP候補。言わずにはいられないリアルウマシ。


タグ:冷やし
posted by a certain Cue at 23:00| 東海ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集