2015年11月06日

地球の中華そば at 神奈川県横浜市中区長者町2-5-4

地下鉄を出ると、いかにも秋らしい薄めの流れる雲を処々幔幕に描いたような空が顔を出す。

湖国から乗車率95%越えの新幹線に乗って赴いた。まったく、平日なのにこの混みよう。しかも周囲はほとんどスーツを着込んだ大人達だ。こちらは久しぶりの休暇を楽しみたいものを無粋な連中だ、と内心悪態をつき乍ら予約しておいた窓際席に座った。しかも話す内容と言えば、どうしてこう会社の問題と部下(後輩)の使え無さを吐くのだろう。問題のない会社などないし、そもそも能力に溢れた部下なら、お前の下に居るはずがないではないか、と、発売になったばかりのTRY本を片手にエア説教を垂れていたら、いつの間にか新横浜に着いた。

そこから乗り換えるわけだが、市営ブルーラインという案内が見える。地下鉄で行くはずだが、ブルーライン?そもそも市営だっけ。横浜に住んだこともあるのに全く勘が鈍っていた。ま、表向きは横浜と言いつつ、住んでたのは川崎なんだけど。
DSCN9348.JPG

やはり秋空は気持ちがいい。

DSCN9351.JPG

開店20分前に眼目の店に着いた、前には5名程。昨日の今日だからどうなることかと思ったが、常識の範囲内の待ちに安心する。田舎者には敷居が高い関内界隈も昼は車が忙しく行きかうオフィス街の顔だ。そもそも関内は界隈の居住地に由来したはずで、関西関東も結局は関所の西と東に分けた名称だった。要はペリー来航まで遡る地名をひたすらに使い続ける繁華街に来る手段がブルーライン、という妙にしっくり来ないものだなと思っている間に開店した。

DSCN9363.JPG

隣は本場カレー、向かいは10Fのマンションという場所。みた感じから、ビル格はさして良くない。隣接する建物も近く、移動看板やら越境しそうな距離ではある。上に住民の方が居るようだ、海老は大丈夫だろうか(特に海老の香りは衣服に残る)、と要らぬ勘繰りをしながら、そろそろの順に入店していく。

DSCN9352.JPG

新店なので新しい暖簾のなのだが、これがハマの風と共に人の息遣いも吸っているのが目に浮かぶ。ネーミングで遊ぶ店もある、おそらくはその程度の思い入れなのだろう。この暖簾は、一滴残らず汲みとってみたい、と思わせる。

DSCN9354.JPG

券売機は入ってすぐ左のひばりポジション。塩など各部門で選ばれたとは聞いたが当然つけ麺を選択した。"塩で名を馳せた店が世に問う麺の美味さとはいかに"。
店の薀蓄と対峙する。香辛料と共に刮目するのは台拭きは皿の上にあること。これひとつとっても、何か伝わってくる。”本質は細部に宿る”、これな。

千思万考の渦で微睡めたのは、機敏に動く店主氏と奥様だろうか。奥にも厨房があり、其処から時折顔を出すスタッフも所作に寄るところが大きい。何も全員が"世界を変える!"だとか"ラーメンに一番熱い仲間です"といきり立たなくて良い。当たり前の事を当たり前にする、これが空気をつくるのだ。ゴミがあったら拾う、少し待たせたら、声をかける。実際、器を整理して少し音が出たり、麺が出てからつけ汁が出る前に少し時間があったりした。店が生き物である以上、小さな物を含めたらミスが起こらない日はないだろう。問題はその後、瞬時にどう対応するか。その当たり前は一切の隙間なく出来ていたと断言出来る。そういった事は修行されたちゃぶ屋で万事、経てこられたのだろう。

何も起こらなかったかの如く、店内の空気は穏やかに流れていた。
さて、来たる一杯はまずは麺、程無くしてつけ汁が運ばれてきた。
DSCN9358.JPG

海老薫る塩つけそば(海老雲呑入り)
えぐちに似た器だが、ちょっと種類が違うようだ。真白に一直線のラインが潔い。つけ汁の表情を覗くと、やや厚めの油の下に具が垣間見える。浮かんだあられに、強直なだけではない柔和な奥行きが想像できる。外連味の無い塩ダレ、くっきりと輪郭が見えながら海老のカラ押しではない深遠な味わい。ああ、一気にいかれた。何故に此れほど魅了するのか。

DSCN9356.JPG

低温調理されたであろう鶏のムネはしっとりと柔らかく、豚の三枚肉のチャーシューの脂は甘く舌を包み込む。メンマは増すべきだった、迂闊だった。店主の完成形を観たいばかりに、トッピング券を押さない自分を責め乍ら麺を啜った。

そうこの麺は自家製麺らしく、唇を滑らせるとキャタピラのように尖りが主張してくる。加えて、風味がかなり強い。昆布出汁に浸されていながらこの香りはどうだ。そうそう、昆布出汁に麺を浸したつけ麺は何度も食べたが、麺の半分以上が浸っていないものは初めてだった。昆布出汁に浸すデメリットとメリットを、しっかり見極めていたように思う。

見たもの、得たもの、考えたことをこの店で結実させたのだろうか。
DSCN9361.JPG

箸で摘まむとやや厚めの皮はちゅるんと濃艶に動く。この雲吞をして、内外に向けて実に説得力を見せつけている。この雲吞を作る工程や精度で、自分がスタッフなら背筋が伸びてしまう。時折、接客が伴わない店の話を聞くが何のことはない、それは商品が伴っていない、もっと言うなら客への心や労力が伴っていない事に尽きる。どれだけ美辞麗句を並べても冷凍庫から出された雲吞では御為倒しにしかならないものだ。

八雲も柴崎亭も神楽もワンタンで唸らされた。しかしがっぷりと押し合いに負けない重厚な創りのワンタンはどうだ、実に素晴らしいじゃないか。
DSCN9362.JPG

京都の人間はちゃぶ屋にいいイメージはない気がするけれど、模倣に堕さない志と実に精緻に創りこんだつけ麺は是非お勧めしたい。流石2015新人王、いや近年の新店でも首席に配置されるだろう。
途轍もなく広がりを感じさせる店に感嘆の声を出さねばなりますまい、リアルウマシ。


タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:27| 神奈川ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

らぁ麺屋 飯田商店 at 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

DSCN8638.JPG

醤油わんたん麺
昨年と同じ時期に同じメニューをいただく。

DSCN8640.JPG

おにくごはん
新メニュー、肉の下に飴色のタマネギが鎮座している。無論増したい..が、そりゃ無理。


DSCN8642.JPG

とは言え、だ。

初訪時の衝撃や、何度か食べて思った"5年は何処も掠りもしない位置に要るんじゃね?"という凄味は感じなかった。系統のものを多く口にするようになったのもあるにしても。

それにしても、だ。

醤油を自ら火入れする、その積み上げてきた道程は敬意を表するが、昨年と比較してもスケールダウンした感はあった。

この店だけのために新幹線代を払っている、此処で二杯食べて昼の部はそれで終了すべき、なんて思ったのは飯田商店だけなので、トップランカーである事は間違いない..が、どうだろう。この想いは次回へ引き継いでおく。







タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 09:00| 神奈川ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

らぁ麺屋 飯田商店 at 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

5umu65fngdededdgdew5wdcen 003.jpg

醤油わんたん麺

5umu65fngdededdgdew5wdcen 006.jpg

つけ麺 わんたんトッピング

実質トップ也。



5umu65fngdededdgdew5wdcen 007.jpg

比内地鶏のバター醤油ごはん
鶏でバター?って思ったら鶏油をバターみたいに使うってことらしい。要は油、垂らしただけ?
あほみたいな作り、あほみたいな美味さ。シーズニングの概念すら覆る。
やはり超ド級。




posted by a certain Cue at 20:00| 神奈川ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

らぁめん 夢 at 神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町1-21

2014早々新規オープンの新店。詳しくは知らんけど店主さんは歴々とした経歴があるそうで、開店してすぐに関東フリークの方は一斉に赴かれてる。
しかしこれは大阪なんかもそうだが、一巡したらとり合えず店は空く。関東はどんどん新店が出来てるから、オープンして1ケ月もしたら御祝儀訪問はなくなり、また、よっぽどでないとリピートされてない。
全メニュー制覇など、新店の1/10もされてないのではないか。
例えば塩が売りの店なら判を押したように塩のレビューがあがる。最初は券売機の上、は判るがリピートされないのでその塩ばかりの記事しか見当たらないというケースもある。
情報の速度や各人の行動力に感心する反面、なんかつまらんなぁと思わなくもない。好きなん食べたらええんちゃうの?と。

そんな新店は2014も続々出てるわけだが、特筆組の一角を占めるのが此方。
一番いちばんで修行されたという触れ込み。ということはとら食堂の系譜ですな。そして湯河原の薫りもありやなしや。期待は勿論高まり、遠征の一軒目でポールで並んでみた。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 002.jpg

しかしなんちゅー外観、家やがな。店のまん前に原付を置く辺りはラーメン軍団も掠ってるとか言ってみる。
東神奈川駅から徒歩5分程度、見つけにくいという前情報で注意深く歩いてたらオーラ0の店に到着した。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 005.jpg

もうドアが完全にスナックのそれ。上に星を描くセンスは場末感がびんびん来る。あきらめねえよ!!タオルで膝を打つのはフリークのみで、一般人は知らんわな。
オープン30分前に着いて開店までひとり、これぞ関東あるある。まだ情報としての鮮度はあると思うけれど、並んで食べるような人間はもう来ましたよって事なんだろう。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 008.jpg

入ってすぐに券売機がある。とら系はワンタンっちゅーことで、わんたんつけ麺を押した。
ちなみにトッピングわんたんは100円で個数が少ないらしい。わんたんが何故平仮名なのかは不明。

L字のカウンターの奥に座る。なんでこれ選んだん?と聞いたら負けっぽいカラーコップにティッシュ、胡椒も置いてある。卓上調味料は市販の保存料ビシバシのもの。
そして割り箸に胸を撫で下ろす。だってチュルチュル麺だろうし、エコ箸だと難儀するだろうと思ったから。
厨房はわりに広く、麺が適当に置いてある(ように見える)。菅野製麺の配送車が来ていたのでそこのだろう。
何より外まで溢れんばかりの焼豚の香りはどうだ。燻したような香ばしい、店前を通る人はおそらく、振り返っているだろう。うなぎ屋のそれと遜色ない、そしてうまいに決まってる、空気が乱舞するような物凄い香りなのだ。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 006.jpg

溢れんばかりの鶏ガラが垣間見える。おそらくは鶏油の匂いも充満してそうだが、相変わらず焼豚の言うなれば上立ち香が鼻腔を劈いてくる。

店主の手際を見ているとぽつり、ぽつりと後客が入ってきた。と、まずは出されたのが柑橘系の滴とシリンジ!?
wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 010.jpg

オープン当初は柑橘系はカットされた酢橘だったので、これは市販の果汁かも知れない。まあまるで問題ないけどね、酢橘は値段も廃棄率も高いだろうし。
それよりこの器具よ。勿論事前情報で知ってはいたが、何にも説明されないのね。
いや、何か口ごもって言ったような気もするので、おそらく「煮干しオイルと....」とか言ったんだとは思う。しかし明らかに初訪の関西人(初めての店では必ず「撮っていいですか?」と常識ある人よろしく、聞くことにしている。イントネーションで関西人とわかってはいると思う。)に雑多ない説明だこと。「おまえ、一般人違うだろ」と言われたら言い返す言葉はないのだが。


wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 016.jpg

ふわぁと生醤油だろうか、喉が法悦する!食べる前に説き伏せるような力強い旨味が丼周辺に輻輳してくる。
優雅なわんたん、やっぱこれ、勉強せんと至れんレベルやね。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 013.jpg

飯田よろしく、というかロックンよろしくと言うか、昆布水に使った麺。ホント、関東でよく見るようになったが清湯のつけ麺だとどうしてもこうじゃなきゃダメ?そのメリットは体感出来るけれど、粉の風味と言うか鮮烈な麺の香りはスポイルされるもんなぁ。カドヤやうえまちも充分美味しいとは思うけど。
しかし粘りもなく、何とも清廉な昆布水だろう。勿論、肉もいい。風雅な肉味に陶酔出来た。メンマも及第。惜しむらくは麺、なんでこの麺?もう麺自体のポテンシャルが違う位置にあるように思えた。可哀想なほど。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 018.jpg

わんたん、大き目のちゅるんとした皮の中はシンプルな味付けの餡。と言ってもやや強めのタレがしゅんでも存在感があった。全てがレベルが高いとは思うが、やはり飯田商店は別格だと思う。しかしこのわんたんは迫っているのではないだろうか。これは客を呼べますわ。ネギも最小限で、もう何でもぶち込む京都辺りのお店は見習って欲しいレベル也。

wccsxrfkhengvrf3tehgrnbrve 020.jpg

外に出たら雨はあがっていた。ミュージックパブ たかこの看板の下には開店を知らせる赤い幌を伸ばしてあった。わからんよ、こんなんでやってるって印にはならんやろ。
こんな品質の店が待ちなしなのだ。フリークな方々はおそらく今日も何処かでオープンしてる店に並んでるのかも知れない。
情報を食うっても大変ですね。あ、煮干しオイルはちょっと押したらピュっと全部出て一気に煮干しの海に変わってしまった。特にいらんと思います、面白いけどね。
関東に来たら湯河原で二杯が吉の格言が未だ活きるも此処も相当だ。少なくとも維新商店辺りよりはハマる。
調べたら、店主は神奈川の濃厚魚介で一番好きな仁鍛にも居たようで。そうなると濃厚系も今後あるのだろうか。神奈川と言えど東京に程近いエリアに巨星が誕生したと断言する。
タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:00| 神奈川ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集