2014年09月25日

こまどり at 新潟県新潟市西蒲区竹野町2454-1

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 026.jpg

さてと、新潟五大ラーメン、味噌と言えばやはり此方。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 019.jpg

新潟に来たらホントは餃子も、なんだろうけどあまりの重量に自重した。なんぼすんねん、どんだけでかいねん。豊富なメニューは前身がそんな業種だったことを窺わせる。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 022.jpg

割りスープ。これの為に来たよ。昆布かしら、ラーメンがでかいすり鉢なので少なく見える。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 023.jpg

味噌ラーメン
程よく濃厚。今となっては..というしかない。靴底ちゃうでソウルやで、な味ですな。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 027.jpg

建物が見えない、看板がなかったら何屋かわからんテイストも味わったのでよし。豪放な味ながら、都度しっかり野菜を炒める丁寧さもあって店自体は味がある。まあ京都の人間が近江ちゃんぽん食べて??な感じ、あれよ、あれ。




ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 08:00| 新潟ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

ラーメン いっとうや at 新潟県新潟市中央区紫竹山3-5-23

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 017.jpg

行ってみた感じは、枚方きんせいのような..意外にもそんな規模。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 012.jpg

この地ではつけ麺では此処でしょ的な感じらしい。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 013.jpg

そこんとこ刷り込み、いるね。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 015.jpg

つけめん
#8はある厚めの平打ち、三河屋の麺らしい。つまりはあれです、かてーよ。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 016.jpg

つけ汁はてっきりまたおまかと思ったら、豚骨魚介ではあるけど大葉やら入ってて、濁りも少なく珍しいタイプ。つまりはまたおまって言わんでいいでしょ。あれって、真似た退屈なナニに言うもんね。

大きな店だけに接客もしっかり分業できている、煩わしくない活気があるのも指導の賜物だろう。人材の素養に頼らず、育成していける店であることを窺わせる。


麺の上のナッツが思いのほか麺の香りを邪魔だった。何とか独自性を..というトコからのズレも遠征だとまた愉し。






ラベル:つけ麺
posted by a certain Cue at 21:16| 新潟ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

らーめん 滋魂 at 新潟県新潟市東区松崎1-1-28

来たぜ新潟。どうもこの地で食べてないと、口はぼったい論評になってしまうことが多いので食べとこかって感じで。車で走ると田中角栄の功績をまざまざと知ることになった。結果が全てとか極論言わんけど、結果を出さないプロほど始末が悪いものは無いもんだ。票を集めた人間がその見返りを地元に落とす、という実にあるべき姿の益をこれほど享受している土地はそうはない。
そんな中、地元に根付いた四大、いや最近は五大新潟ラーメンというらしいけど、そこんとこ体感しておこう。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 002.jpg

私くらいになりますと、いきなり老舗とかこだわりません。新潟は新幹線を使えは気軽に東京に行けるからか、東京修行組や老舗の系譜などなかなか多彩で一軒目は迷って空港から近いという実にあるあるな感じで此方へ。雑誌的な表彰をされてるお店らしく、地元の有名店出身でもあるので注目は高いようだ。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 011.jpg

"滋"をどうやったら"zi"と読むのか見当がつかないのは言わない方向で。
駐車場は10台近くとめられるものの、ひたすら満車。近くに商業施設があるのでそちらから流れてくる方も多い。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 003.jpg

やはり岩のりはある。値段はそこそこ。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 004.jpg

辛味やらニンニクがある卓上。この卓上で雰囲気も感じつつ、初訪なのに雑誌で見た限定'超絶煮干そば'をお願いした。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 005.jpg

嬉しい、こんな出し方嬉しい。まずはかけで食べて欲しいという想いとこんなの食べるの特殊なナニでしょ、上に乗せとくわという見透かされ具合が心地いい。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 007.jpg

POPには細麺仕様と書いてあった、先に知らせないと、なんじゃこりゃあと言われるのかもね。この地では。
麺はそれ自体よりも茹でや扱いに違和感はあったのが残念、まあ混んでたし。

それよりも煮干しをぐはっと効かせたスープに驚いた。塩分は強め、伊藤でも伊吹ともリンクしないのはタレの強さからかも。ただ、この一杯には面食らう、これは美味い。

5umu65fngdededdgdew5nfylbcd 009.jpg

具を乗せてみて変化の具合など。背脂に依存しない真っ向煮干し、実に高揚した、これはお勧めしたい。






ラベル:ラーメン
posted by a certain Cue at 17:43| 新潟ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集