2019年08月14日

自家製麺と定食 弦乃月 at 滋賀県愛荘町東円堂2511-16 すまいるモール3号

しれっとオープンが湖国の流れ。2019.8.10にちょろっと告知されて只今、プレオープンとのこと。



DSCN4326.JPG

この並び、田舎のモール的な立地と言えば..そうだね、チャクリキっぽいね。
何となく車を走らせてこの散髪屋さん目印。



DSCN4328.JPG

入口はサイドから。



DSCN4317.JPG

外壁の多くがガラスバリなので、場所によっては撮影が難しいかも知れない。

まぁ明るくってカフェみたい..って何でもカフェ言うなよってハナシではある。



DSCN4320.JPG

珍しいのがコレ。読んだままやって。
これを取り違える人は問題を読まない人ね。で、「ミスった!」って言うのよ。

ミスじゃない、お前自身の間違いだと認識しろってやつ。



DSCN4319.JPG

と、まあ毎日メニューを印刷されているようで。
この日はこれまでと概ね変更なし。プレだからか、定食の類はなし。

定食言うからには、小鉢とお漬物があるんだろうな!と一応先に書いとく。



連食セットなる、有り難い代物もあるが、食べるものは自分で決める主義なのでスルーして、当然メンマそば。
メンマこそその店の姿ナリ。



DSCN4321.JPG

お盆で出て来た。ラーメンにレンゲ突っ込んでこないし(ましてやそのレンゲにスープが既に乗ってるなど!)、盆内の乱れもない。
カウンター上の布巾の柄がちょっとそぐわない気もするけど、まぁビジュアルの良さは期待以上。



DSCN4322.JPG

おー、小池よろしくクシャ系低温調理チャーシューに大量のメンマ。味付けはスープをじゃまするそれじゃなく、やや乾物臭を残した歯ごたえのよいモノ。

増していいヤツ、というよりメンマ系のサイドは是非求めたいところ。




DSCN4323.JPG

麺は打ち立て自家製麺らしい。穂のちからの袋もあった、傾奇者もあったのでつけ麺期待していいのかな。


さて、スープはネオ中華のそれとは違い、アブラ控えめまろんと...これ、食べ物を他の食べ物で例えるレベルのコト書きたくないけど、ちょっと誇張して書くと延長線上にうどん出汁のような甘さがあった。嫌味な甘さじゃないけどね。
どこのラーメンという感じもしない。ちゃんとしっかり美味いと思う。





DSCN4324.JPG

冷やしサーモン塩そば

鮭出汁というわけではないのかな。すっきり鶏ガラに乾物の出汁という印象。

これもすっきり美味しい。



塩だから、バランス崩す直前のガツンとした塩分やアクセントや..うん、このネギいらんでもっとシャープに潔く啜ってみたい気がした。






しかしまぁなかなか面白いねぇ。
営業時間といい、場所といい。

ちょいなちょいなでスープ温めるカジュアル家系でもなく、金出して買っただけの醤油と100均で買えるラー油を並べて作ってますアピールに忙しくするわけでもなく、冷凍揚げ物で何とか客を繋ぐスタイルでもない。

ラーメンを作って出す、出したいモノを作ってるオーラがきた。
これは湖国新店では久々じゃないかな。



"僕、こういうモンです"なんてイキって自ら言う田舎者じゃないので、食べて即出たけど、当然再訪ヒッシュー。
色々食べこんでみたい、遊んだメニューも出てきそう。


ぐいぐい期待していいと思うよ。










ラベル:ラーメン 冷やし
posted by a certain Cue at 18:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

麺屋號tetu at 滋賀県長浜市南呉服町5-24

DSCN4170.JPG

限定:投豆乳の冷やし担々麺 チャーシュー・味玉トッピング
美味いっちゃ美味い。想定内っちゃあ想定内。
筒香が25本打たないシーズンはあれ?ってなるやつ。坂本が3割30本打っても、まぁ打つと思ってたよ、と。
動物系レスらしいけど、濃厚なゴマでそんな感じはしない。食べとくやつ、もう提供終わってるけど。



DSCN4167.JPG

唐揚げセットのご飯なし。サイドが少ないからつい頼んじゃう。








DSCN4270.JPG

限定:鶏SOBAピリ辛担々麺 チャーシュートッピング
そろそろ次の冷やしあるかな..と行ったらこんなんやってた。担々麺はそもそもピリ辛やろ、というハナシもあるがそこはそれ。
ベースが出来てるから、そりゃ相応のクオリティはある。
口水鶏、食べたかった..。



DSCN4268.JPG

デザートの唐揚げも忘れずに。




持ち帰りラーメンやってるらしく、今度はそれ買ってみよ。














ラベル:冷やし ラーメン
posted by a certain Cue at 20:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

ラーメンひばり at 滋賀県大津市大将軍1-2-10

2019.7.10 特に告知なしにシレっと移転オープンしていた。
そろそろだな...と店前に来た酔狂な人間だけが、戸に貼られていた営業カレンダーを確認できたというね。
誰かSNSにアゲんかい!と言ったところだけど、それもひばり。こんだけ行ってても別に移転先の住所とか聞いてなかったからねぇ、ったく。
だからさぁ、そういう楽しみとも言える空気を読んでやってるのに、無粋にもアゲる御方がいらっしゃるわけで。
店に行ってた人間なら、この店が何年も前から雑誌も出てないコトから取材拒否してる店だってのも、検討がつかないはずがない。
(行ってなかった人間なら、特に用もない。)

そもそも書く自由はあるだろうけど、丁寧なコトバでやめてって言ったら当たり前だけどやめるしかないんだよ。
それをねぇ......面白いのが、「行った事ないんですけど、行く気がなくなりました!」とか、”一生来ない癖に!”と世界中がツッコむ事例は、なかなか見ないので面白かったね。

あ、大事な部分は丁寧な尊敬語で書いてる点がポイントね。
「今まで特に読んでなかったけど、こんなブログ読みません!」とか言われる筋合いはない(尊敬語で書いてるから)けど、ま、どーせブログ見て行くような人間でもないし、ブログ見て行く人間はろくでもないし。





DSCN4218.JPG

はい、奥にも停められるのでかなりありがたい。
と、シレっと書いたけど当然駐車場代の費用はラーメン代にのってるんだからね。徒歩の人間にもそれはのってくる。
だから駐車場なくて、車で来た人間はコインパーキングにとめるってのが、健全な姿勢ではあるんだよなぁ。
"駐車場が少ないのが難点です"とかアホか、ってハナシだわな。
ここはかなりお家賃がお得な感じなので、ラーメン代にのってる!って感じはしないんだけども。





DSCN4220.JPG

"ra-men"の"-"はなんだろね。看板と言うコトは固有名詞だから表記は自由ではある。

トーキョーはTokyo
オーサカはOsaka
キューリはkyuri

ところで、BBCの高校野球ハイライトは"koukouyakyuu"って背景にあったけど、正しくは"kokoyakyu"

え?この前、どこかの店のメニューや看板見て笑っちゃった?


言うまでもなく、十二時は"jyuniji"






DSCN4221.JPG

DSCN4223.JPG

テーブル2、さらに小上がりもある。無論、カウンターも。
スペースはかなりゆったり作られてる。こりゃあ、ラーメンと言えば藤やライライ亭にキメって方も来ちゃうかもレベルの空間。






DSCN4222.JPG

メニューはそんなに変更はない。
清湯の塩、そして唐揚げの復活。派生してひとからごはんが出た、これは嬉しい。





DSCN4227.JPG

みなさん、券売機をよく見てください。まろやか魚介じゃなく、魚介まろやかなんです。
当然、肉増し。店の本質が顕在化する、メンマも増す。ひさびさだけど、こりゃあ美味いな。
南草津の激戦区、スカゞ鶏ロードの店ゞに教えてあげたい。
あと、ダイニングの片手間に鶏白湯やって、社員が"この会社に入ったのは、ラーメン屋になるためではない.."と愚痴り気味お店にも。
ここまでの質のモノを出すなら、社員さんの意気も変わるかもね、職人が作ってるとか、もうそのくだりはいいよ。





DSCN4229.JPG

さて、名物 ひとからごはん。
大きめ唐揚げの下に海苔、その下にはタレ。
こりゃあカラアゲマシ、海苔マシ、タレマシ、お漬物持ち込み...色々ありそうだ。
当然、このメニューは必食です。






DSCN4231.JPG

デザートに唐揚げをいただく。近々デビューする、ヨダレ鶏仕様。もっとすっぺぇーってのが好みだけど、さてどうなるか。











DSCN4233.JPG

再訪、メンマやチャーシュー盛りが出てる。こりゃあ貸し切り呑み会できるんじゃね?





DSCN4234.JPG

チャーシュー盛り
甘いタレの。塩ダレで食べてみたくもある。





DSCN4235.JPG

汁なしタンタン メンマトッピング
久々過ぎて、アマメで!と言うのを忘れた。かつてのものとは麺が違う。モッチリした中太麺は市民権を得るだろうか。パツッとしたのもありなんだよな。





DSCN4237.JPG

ヒトカラごはん カラカラメンマトッピング

うーむ、楽しい。









さて、"あんな高飛車な店なんか行かねーよ!"と行ってた人以外は全員来たんじゃね?という盛況。もはや唐揚げ本舗 ひばりと化してガンガン揚げてます。お見知りおきを。

あ、休み案内は全世界に事前告知されてるので、"フラれたのでイオンで丸亀食べました"とか書いて、"ラーメン部にうどんとか書くなよ"のくだりには飽き飽きだぜ。

そして、"猪木なら何をやっても許されるのか!"よろしく、SUSURU君ならどんなラーメン店も撮影OKなのか?という話題沸騰の昨今なので、ひばりには最後の砦として、ブロックして頂きたいものである。その暁には、「SUSURU君ブロックするなら、勝手にネットでアゲるのは問題あるよなー」とご理解賜る域なのであります。











posted by a certain Cue at 19:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月29日

ラーメン天人 at 滋賀県野洲市冨波甲1440-1 

2019.6.9、野洲にオープン。ここは奏から徒歩圏内ですぐ先には三拍子もあるので、当ブログにとってはリアル激戦区。
南草津に新店できたからって、"さらに激戦区!"とか鶏白湯ロードとか言うけど、ホニャララ街道の間違いちゃうの、与七と銀水以外は烏合の衆感バリバリやん、という一般庶民の声を代表して書いとく。しかし南草津の九州●.....今まで黙ってたけど業者からの評判#すぎ。アポとって言ったのに店に来てないとか、社会人としてゴニョゴニョなのにスタッフへの指導はモゴモゴ....ラーメンってヒトガラっつーか人間性でるからね。





DSCN4139.JPG

駐車場が店前4台しかないという寝言が流布されたけど、徒歩10秒の場所にさらに6台あります。
そうそう、よく、「店の駐車場がいっぱいだったので、ドコソコに停めました。コーヒー買ったからいいよね」という、見かけたら即通報案件があるけど、120円くらい払ってよその店に停めるくせに、ラーメン一杯の値段にゴニョゴニ言うのってどうなの。自分みたいに値段はどうでもいい派は少数にしても、750円のラーメン食べて停めたドラッグストアでコーヒー買う癖に850円のラーメンに物申す狂人がいるコトに軽く目眩がします。この店は駐車場10台と個人店ではかなり頑張って確保されてますが、当然その経費は客が負担(当たり前)してるのであって、駐車場が少ない店の750円のラーメンと値段だけ論じても意味がない。逆に言うと、"駐車場が少ない"と垂れる方は、当然その経費を負担する覚悟はおありなんでしょうね、と。
もっと言うなら1000万借金して店を出した人間と、持ってる物件でやってる店では値段は当然変わる。だから、「このラーメンで800円なんてどうよ、原価どうなってるの」って全く的が外れている。え、店が借金してるかどうかって客の自分には関係ない??


そんなコト言ったら、ラーメンの原価も客には何の関係もないって。



だから、「この原価でがんばってます」とか言われても、頑張らんでいいからしっかり値段とって、しっかり店をまわしてください。
それは1200%店主の仕事でしょう、と。
カツカツでやったらいつか店はなくなる。長く美味しいラーメンを提供してくれるんなら、700円が800円だ、なんて出しますよ。
"ラーメンなんてものは...昔は.."って言う方も居ますがイツの話よ。そんな昔じゃない、たった20年前よって言われても大卒初任給16万台のときでしょ。長話が好きなオッサンが高校生のときの30年前って時給450円のときの話をされてもねぇ。
最低時給1000円にしましょうと会議してる2019でございます。





DSCN4140.JPG

というワケで店前。



DSCN4145.JPG

カウンターはシックな木目、ラーメンが映えるやつ。高かったろうな。



DSCN4143.JPG

オープン初日は駐車場混雑してたので、スルーして奏へ行った、この配慮。
で数日たっての赴き。

岐阜仕様の具増しアピールはいいけど、券売機に画像があるとイメージしやすいんだが..豪盛まで言うならそれなりの期待しちゃうよね。
そもそも最近のNIKKOUはメンマ増しは"ん?"というときもあるのでそこはそれ。見た感じ肉増し・メンマ増し・味玉増しの量ではあるけど1200円という値段先行でちょっとどうなの?という流れになって、そもそもデフォ850円なぁというハナシになってる気がする。
デフォ850円なら全増しを250円増しにしてお得感を出すか、デフォ800円にして全増しを300円にするか。
奏も白頭鷲も結もひばりもじんべえもセットはないし、別に珍しいコトでもないのに「えー、セットないの?」ってフジ行っときゃいいのに呼んでもないオッサンが来るのが常だからねぇ。





DSCN4147.JPG

醤油ラーメン
とりあえず清湯。



DSCN4150.JPG

パツっとした棣鄂麺。


印象は、ネギやら色々、NIKKOUの影を避けてオリジナルで行こうという意思をくみとれる。と言っても大判ロールチャーシューはかつてのにっこうが思い出されて、ノスタルジーに浸れる。
スープは....淡い。遠藤醤油とのことだけど、名古屋の淡口岩塩そばくらい淡い。

近くの奏のタレビシ・アブラグイの醤油に魅せられてるので、意図を汲み取りつつ楽しむという感じだった。
定期的に行ってビルドアップを楽しんでいきたい。

何度も言いますが、"初期のジョニーは同行者と思わず顔を見合わせるくらいの出来だったし、ひばり(鋭意、移転作業中)店主がなかまるな時は、全く違うラーメンだったわけで、何が言いたいかと言うと好きにやってみてみ、というね。






DSCN4152.JPG

油そば 御塩
そして(店の)差が出るメンマをトッピング。

生のタマネギはレスしていただく。結論から言うと、あのお塩テイスト。そこに思いのほかパプリカのほろ苦が効果的。
丼に入れる前に油と麺をぐりんぐりんぐりんゞ...と混ぜて提供される。ちょっと粘りが出て口当たりが悪くなってたかな、この辺は今後の調整。
何回混ぜるのがベストなのか、興味がある。自分は軽く和えてもらう程度でも構わない派。
タレ・肉・麺、美味いがな。

混ぜて出すもよし、また混ぜる楽しみを客に残すという選択もある。
そのメリットデメリットをよく鑑みて。
そう、"全てを知った上で、進むべき道を決める"ってトコだね。








DSCN4188.JPG

数日後の再訪。ガリガリの撮影者ちらり。


既にメニュー改編がある。豪華なご飯もの、狙ってたのになくなってた。
まあ、そのうちスキを見て頼んでみるか。



DSCN4189.JPG

油そば 御醤油 メンマトッピング
タレだけの違いかと思えば、何と醤油にはタマネギが入ってないという、海苔も乗ってるし。
で食べた感じはNIKKOUお醤油とはまた違ったもの。パプリカの後味がいい苦みアクセント。醤油キレゞで食わせる。
意外にも、この店の一番のお勧めは御醤油かな。



DSCN4190.JPG

ブリンブリン、是非オーダーしてみるがいい。



DSCN4192.JPG

特製チャーシュー丼

This is フツー。これは研鑽を求めたい、もっと遊んでもいいんじゃね?







色々な変化、期待膨らむニューフェイス。
つけ麺とか、出ないかなぁ。








posted by a certain Cue at 20:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

博多とんこつ 真咲雄 at 滋賀県草津市穴村町250-6

あれ、今まで九州雄でアゲてるね、いつから真咲雄だっけ。
そこんとこ自分で調べといて。とりあえず、業者との約束とかテキトーにして嫌われる店主の作るラーメンは食べたくないっつーか、その空間に居たくないので、あっちにはちょっとゴニョゴニョ。





DSCN4105.JPG

限定:ごまとんこつ冷麺

ゴマ・チャーシュー・胡瓜・メンマ・味玉とおよそ、珍しくないラインナップだけどこれが心地良く啜りきれた。
麺は専用の中太麺、わざわざ行けとは言わないけれどお近くを通るなら食べてみるがよろし。しっかり美味い夏麺よ。


DSCN4106.JPG

豚丼 メンマトッピング
かつては大きいバラだったけど、號tetuみたいにほぐしになってる。唐揚げもつけた、あまりに美味くて持ち帰りもオーダー。
春巻きやコロッケ的なんもあって、楽しげな顔ぶれになってる。










ラベル:冷やし
posted by a certain Cue at 19:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集