2017年04月11日

鶏白湯 京都ラーメン まるひで商店 鶏白湯 京都ラーメン まるひで商店 at 滋賀県草津市野路2-4-1

DSCN1911.JPG

先に謝っときます。滋賀のこんなド田舎に想像以上に、ゴニョゴニョ言うラヲタ風情が多くてすいません。でもホンネだからギリセーフってコトで。

2017春にオープン、居酒屋さんの居ぬき。オープン前に流れて来たのは、「職人」「自家製麺」「絶品」「究極」の文字。凄いねぇ。イマドキネットのウリ文言を鵜呑みにする人は少ないだろうけど、そういった方相手だけ商売しても、何とかなるという算段だろうか。経営母体は広告屋さんなのかな。Facebookページはお知り合い・関係者の投票で高得点!なんてこれもイマドキ流行らないスタイルを横目に見つつ、相変わらず正直者がさらりとね。



「鶏白湯 京都ラーメン」
なるほど、京都ラーメン、京都ラーメン..ね。

「濃厚でいて口当たりのよい、まさに『いいとこどり』の絶品鶏白湯スープ」
なんと言うか、思わず笑みがこぼれちゃう。

「秘伝のとろみスープが完成しました。」
とろみ(笑)


何が凄いって食べログにオープン初日画像が店がアゲてるよね、顔はボカしてあるけど。
あの日は、並んでる人間が歩行者用道路塞いで大変だった、今はあっさりしたもんで昼でも満席にはほとんどなってないので、一安心です。



DSCN1910.JPG

で、ここからめっちゃ長文書いたけどやめた。
麺にへんな味ついてる、アブラ?この味を職人さんがOKしたの?
メンマを出されて笑い、受付のお姉さんがラーメン屋配属に反発してか、ユニフォームの赤いTシャツを着ずにスーツってのも微笑ましい。何なのこの丼を決めた会議の責任者だれ?って言いたい。

ごめん、ラーメンに対しては正直なので「期待がもてる」とかよー書けません。
2017始まったばかりですが、今のところNo.1です。

滋賀で平和だなぁ。










タグ:つけ麺
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麺屋航 at 滋賀県栗東市辻239-2

DSCN1895.JPG

DSCN1896.JPG

コク旨醤油そば チャーシュー
美味しいことは美味しい。
でも流行りようがない状態で、これ以上このスタイルでいくのかな。つけ麺がグッツグツなのも意味不明だし、色々勿体ない。キャベツがないのは勿論、受け入れがたい。





タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 21:00| Comment(0) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

ラーメン あおやま at 大阪府枚方市南楠葉1-6-10 シャトー東1F

DSCN1955.JPG

2017の春オープン。昨年から、いよいよオープンするとは聞いてたけど、ヒトがビワイチしてる日にバッティングするとは。
まぁ開店すぐは結構な並びだったようで、ちと落ち着いた頃に訪問、と言ってみたり。単に春休みは来れなかっただけだけどね。
さて、くじからラーメンを廻していた店主氏が、一転結構な人通りの街にオープン。まぁ凱旋ですな。しかしどういう空気なんだろ、実家塾の下でラーメン屋とは、実に興味深いね。校通信とかで、「息子がオープン!」「ちと、教室が鶏に匂いがクルけど炊いてるから勘弁してね」「しっかり炊くと、空調がいいくらいでは鶏臭さはなくなりません」とかね。
駐車場は2台、画像左の丸征住宅の前にあります。


DSCN1946.JPG

ラーメン三種、スープオフ一種。
くじからで鶏白湯も生醤油も食べたから、ブラックかなぁと思ったけど、先頭メニューからいってみた。
唐揚げは隠されてた、ハートランドあり。


DSCN1947.JPG

薀蓄。しっかりここ見て書くんだぞ、木っ端ブロガーどもめ!とヒシヒシとね。
これで、「なに使ってるか教えてくれへんと書けへんやん」とオネダリされることもないってコトで。


DSCN1948.JPG

箸は二種、グラスはこんな感じで。すっきりお洒落な内装です。時計が可愛かった。


DSCN1950.JPG

鶏白湯 メンマトッピング
おおー、潔い感じ。タマネギが乗らないのがいい、支配的になりすぎるしね。
チャーシュー二種に鶏のつくね。自家製のざらっとしたもの。美鶴のがどうとは言わないけれど、業務用はツルっとしてるね、もしくは揚げてあるとか。この甘味は野菜かなぁ、いや知らんけど。鶏と水しか使ってないわいって言われる系なのかな。意図的な甘味はなく、しっかりクサウマな仕上がり。Jetはもっと器用な感じかな。ちょっと比較が思い浮かばないけど、実直な美味さ。酸味たらしすような惰弱な工作に走らず、今後も真っ向鶏と向き合い続けて欲しい。


DSCN1952.JPG

DSCN1953.JPG

くろそば
何度かチャクリキやくじからで食べたメニュー。タマネギぬき。
なんと!タレとアブラ、これほど真っ向スープオフは大阪に何杯あるだろう。
店で作ってない具材並べてウハウハ言うのも別に否定はしないが、到達点がまるで違う。
ブラックペッパーをカイエンに変えたらどうなる?程度のゴニョゴニョしか出てこない、完成してる。

麺が麺が麺が。
美味いアブラとタレを纏った麺はこれほど美味いのだ。


何もいらない、無論ニンニクなど不要というか雑音。聞けば少量の清湯スープを入れたら化けたらしい。
何か言えと言うなら
心底満たされた、自分の中で大阪においてカドヤ・麺哲のそれは殿堂入りしたが、それ以外あの店コノ店..。
まぜそばで言うなら香澄より遥かにずしんと来た。
凄い、言わせていただきますリアルウマシ。











posted by a certain Cue at 22:00| Comment(2) | 大阪ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

らーめん チキン夜王 at 滋賀県彦根市大藪町21-22

DSCN1387.JPG
DSCN1386.JPG

地獄シビカラ味噌
何度も言いますがこれ一択。でも黄色が人気なんだって、信じられなーい。
ヒネポン旨すぎて丼にするなど。



タグ:ラーメン
posted by a certain Cue at 22:00| Comment(2) | 滋賀ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集